やりすぎ注意!ちょっと迷惑だなっと感じるLINEの使い方を大特集

写真拡大


手軽に返信ができ、個性豊かで可愛いスタンプも愛されているLINE。メールよりも使う頻度が高くなっている人が多いのでは?
しかし、そんなLINEですが、手軽さゆえの弊害もあります。そこで今回は、ちょっと迷惑だなっと感じるLINEの使い方を集めてみました。


毎日のようにLINEを送る


人間関係は親しき仲にも礼儀あり。いくら仲が良い友達からでも、毎日LINEが送られてきたら、うんざりしてしまいます。特に仕事中にどうでも良い内容のLINEが送られてくると、迷惑だと感じる人もいるはず。その辺はメールと同様で、相手のライフスタイルを考慮してから、LINEを送りましょう。


意味不明なスタンプを送る


LINEのスタンプ。感情表現に非常に便利だと思います。しかし、シリアスな会話の途中でおちゃらけたスタンプを送るのはどうでしょうか?
空気を読みすぎるのも考えものですが、いきなり意味不明なスタンプが送られてくると、引いてしまいますよね。場合によっては、二人の関係も危うくなるので、十分に気をつけましょう。


日記のような文章を送る


「今日は○○食べたよ」「どこどこに行ったよ」実は人は他人の行動にそれほど興味がありません。そのため、まるで日記のような相手とはまったく関係のない文章を一方的に送るのは考えもの。正直、どう絡んでいいのかわからず、返信しづらいです。人によっては、既読にしても返信しないでしょう。


返信の催促をする


「既読にしておいて返信なしですか」「返信ください」なんて送るのは、もっとも迷惑でしょう。自分の都合で送ったLINEの返信を催促するなんて、お互いに疲れるだけです。相手にも都合というものがあります。すべてあなたの都合が良いように動いているわけではないんです。「返信はいつでもいいよ」くらいの寛大な気持ちでLINEを送ることが大切でしょう。


1日に何度もLINEを送る


これも毎日LINEを送ってくる人と同じで、相手のことをまったく考えていない行為でしょう。しかも、内容が急を要するもの、連絡事項以外だと、うんざりします。休日ならまだしも、平日にLINEを送り続けられた相手側の立場に立って考えれば、どれだけ迷惑なのかわかるはずです。


いかがでしたか?近頃はLINEに依存している人が増えているそうです。でも、何かに依存するのは精神的によろしくありません。LINEは賢く使えば非常に便利なツール。依存しない程度に楽しみながら使いたいものですね。


あわせて読みたい