男性に聞いた!「あ、分かってないな」と思った女性の一言




男性にとって「女性心理」はやはり永遠の謎なのでしょうか。いえ、そんな高尚な話ではありません。日常生活を共に送っていても、「えっ!」と男性の理解を超える発言をする女性は珍しくないとか。相互理解の難しさですね(笑)。

今回は、男性に「あ、分かってないな!」と思った彼女の一言について聞いてみました。



調査期間:2013/2/1〜2013/2/6

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 466件(ウェブログイン式)





■男性に質問です。彼女の一言で「あ、分かってないな」と思ったことはありましたか?



はい 79人(17.0%)

いいえ 387人(83.0%)



17%の人が「分かってない一言」に心当たりがあるようです。忘れているだけで、本当は男性全員に心当たりがあるように筆者などは思うわけですが……。



その一言を具体的に聞きましたので紹介します。男性からすると「趣味に関する無理解」と思われる言葉が多いようです。



●「服に気を遣ってるつもりなの? それで? ○○くんとかおしゃれだし、服選んでもらえば?」(25歳/男性)



ちょっとカチンとくる発言ですね。



●「そんなもの集めないで」(36歳/男性)



どんなものを集めていたんでしょうか。気になります。



●「何がすごいの」。ガンダムのすごさを説明したときに、こう聞かれた。(37歳/男性)



全く知らない人に自分の好きなものを説明するのは難しいですね。



●「あたしのことを、もっと考えろ」と言われました。(31歳/男性)



どうも上から目線で困りますね。



●「こんなコのどこがいいわけ?」(33歳/男性)



アイドルとか女優さんを指した言葉なんでしょうか。



●「こんな古いもん捨ててよ」(28歳/男性)



女性には分からないものがあるんですよねー。



●「競馬の何が楽しいの?」(30歳/男性)



これも趣味に関するキツイ一言ですね。自分の趣味を彼女に理解してもらうのは本当に難しいことのようです。



●「車なんてどれも同じだ」(29歳/男性)



それが違うんですよ(笑)。



●「私と仕事のどちらが大切なの?」(27歳/男性)



究極の選択ですが、ここで「仕事」ときっぱり答える人もいるようですよ。



●「主婦は24時間365日休みがないのに、だんなは休みがあっていい」とほざいたとき。(31歳/男性)



文面から怒りが伝わってきますね。



●「男ってどうしてそうなの?」(39歳/男性)



「どう」だったのかが知りたいところです。男性全般に当てはまる話なのでしょうか?



●「なんでそんなことに夢中になるのか分からない」(25歳/男性)



これも趣味のことですね。「他人の趣味にとやかく言わない」のは人間関係をうまくいくようにするための基本的なルールなのですが。



●「ラーメンに並ぶの嫌」(28歳/男性)



「並んでも食べたい人」がいる一方で、このように「並ぶのは嫌」という人もいます。ラーメンにどのくらい思い入れがあるかですね。



●「男の人って結局やりたいんでしょ?」(30歳/男性)



そんなことはないと思いますよ(笑)!



●スポーツを「録画して見ればいいじゃん」と言いました。(29歳/男性)



生、ライブだからスポーツなんですよ!



●グーグルを「ゴーグル」と読んでた。(40歳/男性)



まあ、これは単なる読み間違いということで。



●女性らしいかわいい体形なのに「ダイエットしたい」と言ってきたとき。(25歳/男性)



自分が「太ってる」と思っている女性は多いみたいですよ。自分の中に「厳しい基準」があるのでしょうね。



●というより、女性が分かってるなと思うことなど、ほとんどないですね。(38歳/男性)



最後は達観された意見でございました(笑)。「男と女の間には暗くて深い川がある」と申します。女性から見れば「男って分かってる発言ほとんどないよね」なのかもしれません。



あなたは、女性の「分かってない発言」に心当たりはありますか?





(高橋モータース@dcp)