ちびまるこちゃんスピンオフ漫画『永沢君』が、劇団ひとり主演で実写ドラマ化決定! ネットの声「永沢君の破壊力がヤバい」「想像以上に衝撃的」

写真拡大

4月は番組改編期、新番組が続々登場する季節です。その中でも最も注目度が高いドラマ、それがTBSで4月1日より放送されるドラマ『永沢君』なのではないでしょうか。

永沢君とは、いわずもがな、漫画『ちびまるこちゃん』に出てくるたまねぎ頭&毒舌キャラでおなじみの、あのキャラクター。同作のスピンオフ漫画(派生的に作られた作品)として人気を博した漫画『永沢君』が、なんと劇団ひとりさん主演で実写化されるというのですっ。

しかも放送時間は、毎週月曜日から木曜日の午後11時53分から5分間と、まさかのミニ枠! キャストといい、放送時間といい、なにかやってくれそうな感アリアリな気がするのは、私だけかしら?

ドラマの永沢君は、設定上中学生。それなのに、演じるのは劇団ひとりさんという意外性ったらありません。そしてその親友・藤木を演じるのは金田哲さん(はんにゃ)、ぽっちゃりくいしんぼう男子の小杉を演じるのは、なぜか大島美幸さん(森山中)。

さらに花輪君をウエンツ瑛士さん、クラス一暗い女の子・野口さんを箕輪はるかさん(ハリセンボン)が演じるという、ハチャメチャ具合……キャストの時点でこれだけ遊んじゃってるあたり、期待せずにはいられませんな……!

ビッグネームがずらりとそろったスタッフ陣をみると、さらに期待値は急上昇します。脚本に原作者のさくらももこさんが加わるほか、演出に映画監督の堤幸彦さんや木村ひさしさん、プロデューサーにドラマ『SPEC』などを手掛けた植田博樹さんらが名を連ねるという豪華っぷり。んもう、鼻血でそう。

また、ドラマとは一切関わりのない異業種の人物が演出を手がけたり、「毎週火曜には永沢君がこのドラマから姿を消し代わりに“偽永沢君”が登場する」、なんて遊び心に溢れた企画もあるとのこと。こりゃ毎日見ないわけにはいかないじゃあないのっ!

『永沢君』実写ドラマ化のニュースを目にしたネット住民たちからは、次のような反応が。

「マジか!絶対みる!」
「劇団ひとりの永沢君、じわじわくるwww」
「あの頭が再現できたのがすごいわ……」
「永沢君の破壊力がやばい」
「原作がさくらももこ作品の中でも特に秀逸だったから楽しみ」
「CM入れたら本編1分じゃんwwwww」
「漫画『永沢君』で永沢君が藤木君に対抗してラジオに出したペンネームが『きんたまねぎお』だった事を私は一生忘れない」
「写真見たら想像以上に衝撃的な画だった」

たしかに、漫画『永沢君』をそのまま再現した劇団ひとりさんバージョンの永沢君のビジュアルは、衝撃的かもしれません。だって、たまねぎ頭の先っちょにものすご〜く小さい学生帽が乗っかっているのですから……! 

本編わずか1分でどれだけやってくれるのか、それを想像するだけで興奮せずにはいられない、ドラマ『永沢君』。4月になるのが、今から待ち遠しくてたまらないですねっ。

(文=田端あんじ/イラスト=マミヤ狂四郎)

参考元:TBS