空気清浄機の購入理由1位は「花粉症」。77%が効果を実感 -カカクコム調べ

写真拡大

カカクコムが運営する価格比較サイト「価格.com」はこのほど、「空気清浄機」についてのアンケート調査結果を発表した。

同調査は2月22日〜28日にインターネット上で行われ、6,254人から回答を得た。

「空気清浄機の所有率」を調べたところ、「所有している」人は65.6%。

その内訳は「1台のみ所有」が40.5%、「2台以上所有」が25.1%だった。

2年前の同月に発表された同様のアンケートでは「所有している」が62.6%で、この2年間のうちに3ポイント伸張していた。

「所有している空気清浄機の方式(製品形態)」について聞いたところ、もっとも多かったのは、最近の空気清浄機のメインストリームとなっている「加湿空気清浄機」で39.1%。

以下「イオン放出機能付きの空気清浄機(加湿機能なし)」(27.8%)と、「空気清浄機能(フィルター)のみ」(26.3%)が続いた。

「プラズマクラスター」など「イオン発生機」の割合は2.8%だった。

2年前に行った同様の調査では、「空気清浄機能(フィルター)のみ」がもっとも多く33.1%、続いて「イオン放出機能付きの空気清浄機(加湿機能なし)」が31.2%で、「加湿空気清浄機」は28.5%だった。

ここ2年で「加湿空気清浄機」の割合は10.6ポイントの増加、加湿機能なしの空気清浄機の割合は20.2ポイントの減少となった。

「空気清浄機を購入した理由」について聞いたところ、もっとも多かったのは「花粉症」対策で51.5%。

以下「風邪の予防(ウイルス対策)」(41.2%)、「空気環境が悪い」(21.5%)、「その他のアレルギー症状の対策」(20.9%)、「タバコの臭い」の消臭(18.7%)となった。

なお、いま問題となっている有害微粒子「PM2.5」への対策という回答は2.3%に止まった。

また、購入者の77.3%は空気清浄機の効果を実感していた。

その他調査の詳細は「価格.comリサーチ」で閲覧できる。