東京都内が舞台! 「桃太郎電鉄」をリアルに体験するイベント開催

写真拡大

イベントの企画・運営を行っている「東京ボウズ」は、東京都内を舞台に「桃太郎電鉄」を現実に楽しむ「リアル桃鉄5」を開催する。

開催日時は3月23日(土)8時45分〜18時まで。

集合場所はJR田町駅西口広場。

スゴロク式コンピューターゲーム「桃太郎電鉄」は、プレイヤー自身が電鉄会社の社長となり、決めたプレイ制限時間(ここでは”年数”と言う)が終了した時点で一番多くの資産を持っているプレイヤーが勝利する。

同イベントは、それを現実にプレイして楽しもうというもの。

5人程度で1チームを組み、オリジナルの路線図を見ながら実際にサイコロを振って出た目の数だけ駅を進む。

駅の種類にはプラス駅(お金が増える)・マイナス駅(お金が減る)・カード駅(カードがもらえる)・ゴール駅(物件を買うことができる)などがあり、たどり着く駅の種類や、移動中に行われる”ミッション”によってゲームの成績が左右されるという。

決められたプレイ年数は1年。

9時30分を4月とし16時の3月まで、30分ひと月として12か月プレイする。

なお、1チームに1人主催者側のスタッフが同行するので、ルールがわからないときでも安心してプレイできるとのこと。

ゲームに必要なものは、メールが可能な携帯電話(頻繁に使用するため充電は100%に)、動きやすい服装、歩きやすい靴。

参加料金は3,000円(学生2,200円)のほか、JRのおトクなきっぷ「都区内パス」を使用するため、別途730円かかる。

詳細は、同社公式ホームページを確認のこと。