水道代定額制、お得になるのはどんな場合!?

写真拡大

家賃や共益費とあわせて、水道代も定額制になっている物件をよく見かけます。

家族が多くて水道をよく使うご家庭だったらきっとお得なんだろうな、と想像できますが、一人暮らしであまり水道を使わない場合、本当にお得なのかどうかは分からないですよね。

いったいどこからがお得なラインとなるのか、探ってみました。

■メーターの口径によって料金が違う水道料金はメーターの口径によって料金が変わります。

まずは入居する予定の物件の口径が何mmなのかを確認しておきましょう。

ここでは一般的といわれている口径20mmで話を進めます。

■地域によって料金が違う各自治体によって水道料金は異なります。

また、上下水道込みか、別々かによっても値段が変わります。

ここでは東京23区を例としました。

■11立方米を超えると単価がはねあがる⚫東京都の水道料金の計算方法(基本料金+従量料金+下水道料金)×1.05=請求料金※下水道料金は水道使用量と同量とみなして計算東京都では、水道の使用量が11立方米を超えると、1立方米あたりの単価が上がります。

⚫従量料金0〜5立方米→0円6立方米〜10立方メートル→22円/1立方メートル22円11立方メートル〜20立方メートル→128円/1立方メートル128円※算出方法については、東京都の水道局ホームページ( http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/customer/life/rkeisan23.html )などでご確認ください。

■一人暮らしで、どれぐらい水を使う?お風呂の浴槽が1杯200リットル程度です。

毎日お風呂に入ったとすれば、200×30日=6000リットル=6立方メートル、ということになります。

洗濯機の場合、ドラム式として平均1回122リットル程度のようです。

2日に1回洗濯したとすると、122リットル×15日=1,830リットル=1.8立方メートル、ということになります。

お風呂と洗濯のみの使用量をあわせて、1ヶ月およそ8立方メートルとして計算してみましょう。

基本使用料:1,170円(口径20mm)従量料金:3立方メートル×22円=66円下水道料金:8立方メートル=560円(1,170円+66円+560円)×1.05=1,885円ということになります。

■たっぷりお水を使うとどうなるか?上記の計算は必要最低限の使用量を仮定しての計算でした。

それでは、単価が上がるといわれる、11立方メートルを超えた場合はどうなるでしょう?20立方メートルで計算してみましょう。

基本使用料:1,170円(口径20mm)従量料金:(5立方メートル×22円)+(10立方メートル×128円)=1,390円下水道料金:1,880円(1,170円+1,390円+1,880円)×1.05=4,662円◼自分の生活習慣を見てみよう水道料金の設定が定額制かどうかは物件によってさまざまですが、もし、自宅が寝に帰るだけで、お風呂と洗濯ぐらいしか水を使わないというのであれば、3,000円の定額制はずいぶんと損な計算になります。

逆に11立方メートルを超えて、たっぷりと使うのであれば、3,000円はお得感が高いですよね。

2,000円の定額制の物件ならば、上記の計算でいくと良心的かもしれません。

ただ、これはあくまでも東京23区を仮定していますので、お住まいの地域によって計算は異なってきます。

各自治体の水道局のホームページなどで確認するとともに、自分の水の使用量を考えて、カシコク試算してみてください。