TVアニメ『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』、2013年4月放送開始 - メインキャスト陣が語る作品の魅力

写真拡大

アトラスからリリースされたニンテンドーDS向けRPG『デビルサバイバー2』が、『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』としてアニメ化され、2013年4月よりMBS、TBS、CBC、BS-TBS、アニメイズム枠にて放送開始予定となっている。

魅力的な世界観や登場キャラクターたちによって人気の高い原作タイトルのアニメ化にあたって、監督を岸誠二氏、シリーズ構成・脚本を上江洲誠氏、キャラクター原案をヤスダスズヒト氏、セプテントリオン原案を鬼頭莫宏氏、音楽を中川幸太郎氏が務め、アニメーション制作はbridgeが担当する。

2013年4月からスタートする放送に先駆けて、久世響希(ヒビキ)役の神谷浩史さん、志島大地(ダイチ)役の岡本信彦さん、新田維緒(イオ)役の内田彩さん、峰津院大和(ヤマト)役の諏訪部順一さん、憂う者役の櫻井孝宏さんといったメインキャスト5人が語った作品の魅力を紹介しよう。

――作品の見どころを教えてください神谷浩史「ゲームという、プレイヤーによってさまざまな物語が展開するものが原作となっておりますが、アニメーションではそういうわけにはいかず、あるひとつの答えとして、皆様に結末をお見せしなければいけない。

そこが見どころになるのではないかと思います」岡本信彦「一話を観せていただいたのですが、戦闘シーンがとてもすごくて、夜のシーンでも雷が映えてとてもキレイでした。

なので映像美も魅力だと思います」内田彩「原作ゲームをプレイしている人だったら、『おっ』と思うようなネタがたくさん詰まっているので、いろいろな視点で楽しんでいただけるのではないかと思います」諏訪部順一「見どころは全部です。

映像と音楽とセリフ、すべてが一体となって最高の作品になっていると思います」櫻井孝宏「世の中がデジタル化されていくことで、もしかしたらこの作品のような時代がいずれ訪れるかもしれないなと予感してしまうような、そういったツールとしてのリアリティがすごく面白いし、見どころになると思います」――ご自身の演じるキャラクターの魅力は?神谷「わかりません。

というのも、僕はどのキャラクターについても演じている最中は、そのキャラクターの魅力というものを考えずにやっているからです。

魅力がわかってしまうと、あざとく演じてしまいそうなので、あまり考えないようにしています」岡本「友だちにいたら楽しいだろうなっていう親しみやすさが魅力だと思います」内田「イオは最初、あまり自分の意見を周りに言わずに流されて来たようなキャラクターなのですが、話が進むにつれて、ドンドンと出会いや戦いを経て成長していくので、そのあたりも注目してください」諏訪部「私が演じている峰津院大和というキャラクターはめっちゃ強いです。

そこが魅力だと思います」櫻井「正体不明で思わせぶりで、何か大きな鍵を握っているなと思わせるような、謎めいたところが魅力だと思います」――ご自身が演じるキャラクターを演じるうえで苦労した点や大変だった点はありますか?神谷「原作のゲームでは、主人公の行動でストーリーが変わっていくのですが、それはプレイヤーの手に委ねられているわけで、それゆえにプレイヤーによって主人公の性格に対する印象がだいぶ違ってくるのではないかと思います。

しかし、今回はアニメーションなので、何かひとつの答えとして”ヒビキ”というキャラクターを作らなければいけない。

ゲームのように感情移入ができるキャラクターとして作らなければいけないけれど、ちゃんと物語の主人公としても成立するような行動力のあるところもみせないといけないという、そんな狭間に存在しているキャラクターなので、僕だけじゃなく、脚本の上江洲さんや監督や音響監督、それぞれの理想を持ち寄って、キャラクターを作り上げている印象があります。