東京都・表参道で「オランジーナ」がコラボカフェ開催中

写真拡大

阪急コミュニケーションズが発行する雑誌「フィガロジャポン」は、フランス生まれの果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」、表参道のカフェ「kurkku3(クルックスリー)」とともに、3月18日〜24日まで期間限定のコラボカフェを開催している。

フィガロジャポン5月号(3月19日発売)では、オランジーナとフィガロジャポンが、フランスで生まれたおいしい料理を巡る旅「オランジーナと巡る、フランス美食の旅」を展開。

パリ、コートダジュール、アルザス=ロレーヌの3都市を取材し、その土地で愛される料理・お店をレシピとともに紹介している。

今回、表参道のカフェ「クルックスリー」にて、フランスの取材協力店のレシピをもとに、誌面で紹介する料理を再現。

メニューは、パリからハムとチーズの相性が絶妙な「クロック・ムッシュー(価格900円)」、コートダジュールから野菜たっぷりの「ニース風サラダ(価格1,200円)」、アルザス=ロレーヌから「キッシュ・ロレーヌ(価格800円)」。

上記3種のメニューには、いずれもオランジーナ付き。

追加200円でカクテルにも変更可能。

また、クルックスリーが考案したオランジーナのオリジナルカクテルも提供する。

カクテルのトリスジーナ(トリス使用)、オランジーナサンライズ(スカイウォッカ使用)、スパークリングジーナ(フレシネ使用)はいずれも700円。

コラボカフェの営業時間は、月〜土曜日は11時〜23時30分、日曜日は11時〜22時30分。