クリスチャンダダ森川マサノリ DHLデザイナーアワード受賞

写真拡大

 「CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)」のデザイナー森川マサノリが、第4回「DHLデザイナーアワード」を受賞した。「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013-14A/W(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2013-14A/W)」に参加した40ブランドから選出。新作のショー終了後に、授賞式が開催された。

クリスチャンダダが受賞 DHLアワードの画像を拡大

 「DHLデザイナーアワード」は高い創造性と技術を備え今後世界での活躍が最も期待できる気鋭のファッションデザイナーを表彰する賞。森川マサノリは、「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)」以外で初めてレディ・ガガの世界ツアー衣装を手がけるなど、今後世界での活躍が期待されているという理由から今回受賞が決定。森川は「前回ベルリンで初めてショーを披露し、今後海外展開も視野にというタイミングで、こういった賞を受賞できるのは嬉しい。期待に添えるように精進していきたい」と喜びを語った。なお、受賞した森川には、DHLからトロフィーとDHLから総額50万円相当の海外発送が送られた。

 「CHRISTIAN DADA」が授賞式前に発表した2013-14年秋冬シーズンのテーマは、「FENGHUANG(神話と現代)」。初の取り組みとしてシューズデザイナーMasaya Kushino(マサヤ クシノ)とコラボレーション。ブルータルオーケストラVampillia(ヴァンピリア)の生演奏のなか、鳳凰をイメージした繊細かつダイナミックなメンズウェアコレクションを披露した。

■ CHRISTIAN DADA 2013-14年秋冬コレクション
http://www.fashionsnap.com/collection/christian-dada/2013-14aw/