パルコ 福岡パルコと隣地ビルを265億円で取得へ

写真拡大

 パルコが、学校法人都築学園から3月下旬を目処に福岡パルコおよび隣地の土地建物を265億円で取得すると発表した。現在パルコは福岡パルコを賃借して営業しており、今回隣地ビルを含めて自社物件にすることで、国外からの流入客の増加などで成長が期待される同エリアでの経営強化を図る。

パルコが福岡店と隣接ビル取得の画像を拡大

 パルコの重要店舗の一つとして2010年3月にオープンした福岡パルコは、九州屈指の商業中心地である天神エリアに位置し、約150のテナントが入居する。今年2月までの月次売上高は15カ月連続で前年同月を上回り、好調を維持している。

 隣地する物件は土地面積1,653平方メートルで、地下3階から地上14階の17フロア構成。パルコでは商業施設の活用に向け検討しているが、「建物自体が古いため、周辺や行政との折り合いをみて判断する。業態についても現段階では未定」と話し、福岡パルコとしての増床含め今後検討を進めるという。

■福岡パルコ
 http://www.parco-fukuoka.com/