あの『E.T.』や『タイタニック』の続編が公開!? 待ちきれずにファンが勝手に作った「予告編」が力作すぎる!!

写真拡大

「この夏いよいよ公開!『E.T.:種の根絶(E.T. eXtinction)』、そして『タイタニック2』!」そんな予告編を観たら、みんなきっと興奮しちゃいます。さらに全世界待望の『スターウォーズ』最新作や『バットマン&スーパーマン』など話題作が目白押し。

と行きたいところですが、今回ご紹介するのは、そんないかにもありそうな映画の予告編たち。実はみんな映画ファンが勝手に作ってネットに上げているものです。でもこれが、なかなかあなどれないクオリティーなんですよ!

■『E.T.:種の根絶(E.T. eXtinction)』
あれから数年、すっかり大人になったエリオット少年のもとに「エリオ〜ット、地球ガ……ア・ブ・ナ・イ!! 」とのメッセージが。なんと宇宙人E.T.の群が大挙して地球を侵略。たった2人で立ち向かう、エリオットとかつての ”トモダチ” のゆくえは?

映像は色々な映画から場面を拝借、邪悪なE.T.をソフトではめ込んでいて、なんだかおマヌケなB級SFの趣きが楽しい。『E.T.X.』の ”X” は、”種の根絶(eXtinction)” から。最後の「もちろん、○○で!」というシャレも効いてます。

■『タイタニック2』
あの海に沈んだジャック(ディカプリオ)が発見され、現代の技術で蘇った! かつての若く美しいままの姿で現代とのギャップに葛藤するジャック。「何度言えば分かるんだっ、ローズはもう死んだんだぞ!」なんてセリフが笑えます。

その他、2大ヒーローの共演『バットマン&スーパーマン』や、派手だけど中身がなさそうな『スターウォーズ:帝国』など、どれも愛情と皮肉が伝わってくる力作ばかり。それだけ期待されてるってことですね!

そして最後は、パロディー精神満載の笑える2本をご紹介。こちらはオリジナルの映像と音のみを使い、編集の技だけで全く逆の作風に作りかえちゃってます。

サイコホラーの傑作『シャイニング』は、子供と父親の愛情を描いたハッピーな作風に。そしてディズニーの傑作ファンタジー『メリー・ポピンズ』は、邪悪な魔女が子供たちを襲うホラーに。よくできてるんだなこれが! ぜひご覧下さい。

(文=黒澤くの)
参照元:mentalfloss.com


この記事の動画を見る