マツダ、トールワゴンタイプ軽自動車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジ

写真拡大

マツダは18日、トールワゴンタイプの軽自動車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジして、4月25日に発売すると発表した。

価格は126万5,250円から145万1,100円。

今回のフルモデルチェンジでは、減速エネルギー回生技術「エネチャージ」や、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」を採用。

これらの低燃費技術と徹底した軽量化によって、2WD車では29.0km/L(JC08モード)の燃費性能を実現し、全車でエコカー減税の免税対象となっている。

また、新プラットフォームの採用により室内長を拡大、ゆとりのある快適空間を提供。

上位機種「XS」グレードの後席左側ドアには、ワンアクションパワースライドドアを標準装備したほか、「マップルナビ」を標準搭載したスマートフォン連携ナビゲーションを全車にメーカーオプション設定とした。

ボディカラーは新色の「フォレストアクアメタリック」「イノセントピンクパールメタリック」のほか、「パールホワイト」「シルキーシルバーメタリック」「ブルーイッシュブラックパール3」の全5色を設定。

「XS」グレードでは、「フォレストアクアメタリック」「イノセントピンクパールメタリック」を選択した場合に、ルーフ、ドアミラー、フルホイールキャップが白塗装となる「2トーンカラー」も設定している。

660ccのDOHC VVTエンジンと副変速機構付CVTを搭載し、力強い走りと低燃費を両立。

駆動方式は、2WD(FF)とフルタイム4WDを用意。

乗車定員は4名。