侍J敗退、好機で痛恨の走塁ミス

ざっくり言うと

  • WBC日本代表はサンフランシスコでの準決勝でプエルトリコに1−3で敗れた
  • 日本は初回、先発の前田が5番アービレイスの中前適時打で先制を許した
  • 7回には2番手の能見が6番リオスに左越え2点本塁打を浴びて突き放された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング