<FedexCupポイントランキング>
 「タンパベイ選手権」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表され、同大会でツアー初優勝を挙げたケビン・ストリールマン(米国)が前週の56位から6位に大きく順位を上げた。
 首位はブラント・スネデカー(米国)、2位はタイガー・ウッズ(米国)、3位はマット・クーチャー(米国)と上位5選手には順位の変動はなかった。同大会で今季5度目の予選落ちを喫した石川遼は前週と変わらず183位となっている。

【FedexCupポイントランキング】
1位:ブラント・スネデカー(1,282pt)
2位:タイガー・ウッズ(1,105pt)
3位:マット・クーチャー(846pt)
4位:フィル・ミケルソン(744pt)
5位:スティーブ・ストリッカー(716pt)
6位:ラッセル・ヘンリー(659pt)
7位:チャールズ・ハウエルIII(656pt)
8位:ハンター・メイハン(645pt)
9位:ブライアン・ゲイ(633pt)
10位:ダスティン・ジョンソン(625pt)
28位:スコット・ブラウン(337pt)
183位:石川遼(23pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
AKB山内鈴蘭の本誌未公開カットなど
最新のゴルフ用品関連ニュースをチェック!