群馬県太田市にあるヘビの動物園で金運&健康運アップ! 怖かわいい体験も

写真拡大

ヘビ年もスタートして早3カ月が経つが、昨年の暮れから、干支(えと)にちなんでか「ジャパンスネークセンター」が人気だ。

こちらは、群馬県太田市にあるヘビの研究施設なのだが、広々とした園内で珍しいヘビが見学できるだけでなく、触れ合うこともできるというスポット。

くりくりとした黒い瞳のヘビちゃんに、意外にハマっちゃうかも〜!巳年の“巳”という字は、頭と身体ができかけた胎児の姿を表している。

そのため、巳年は植物に種子ができ始める時期、才能が開花し始める年であるとも言われている。

長い不況からの雪解けを感じさせてくれるようなイメージの年ということで、今の日本人がまさに望んでいた干支なのでは? そしてヘビといえば、古来より神様として祀(まつ)られ、特に金運アップにいいと言われる生き物! これはもう本物のヘビに会うしかないと、都心から車や電車で1時間30分程度の、群馬県太田市にある「ジャパンスネークセンター」を訪れた。

ちなみに、ジャパンスネークセンターの前身は、陶陶(とうとう)酒の原料となるまむしを飼うための、日本蛇族学術研究所。

同じく群馬県太田市にあるパイプ塚(パイプ蒐集(しゅうしゅう)家の故・石黒敬七氏が建立したパイプの石碑)を見学した際、この地を気に入り、ここに同研究所を設立することに決めたのだとか。

「ヘビ年ということで例年よりもお客様は数倍多いですね。

家族連れ、カップル、そして女性同士のグループが意外に多いんですよ」と主任研究員の堺さん。

繁忙状態は昨年の夏から続いていて、昨年後半は今年の年賀状用にと写真を撮っていく人が多かったとか。

ところで、女性グループが多いとは、ちょっと意外な気もするのだが……。

「女性に人気がある理由は、つぶらな目かもしれないですね。

最初はニョロっとした動きを気持ち悪く感じる人も多いようですけど、あのつぶらな瞳を見ているとかわいく見えてきちゃうようです」と堺さん。

また、「それに、グリーンや黄色、白、赤など様々な色のヘビがいてきれいなんですよ。

そのへんも人気の理由かもしれませんね」とも。

ニョロっと音もなく近づいて、舌をチロチロさせる姿は執念深いようにも見え、“祟(たた)る”生き物とも言われてきたけれど、確かに目をじっと見ているとなんか無邪気でかわいいのだ。

現在、スネークセンターにいるヘビは約80種類。

海外の珍しいヘビも多く、猛毒を持つ種類もいる。

そのうち国内のヘビは10種類強だという。

「個人の方が無届けで飼っていたものの、そいつが毒を持っていたため、噛(か)まれたことが騒ぎになり、警察が押収したヘビもいるんですよ」と堺さんが教えてくれた。

マニアともなるとつい珍しいヘビをペットにしたくなるそうだが、飼うのは難しいのも事実。

捨てられたりすることがないよう、飼い方のレクチャーなど、ヘビにまつわる啓発活動も行っているのだとか。

また、農家の方やアウトドア愛好家が毒蛇に噛まれてしまうというトラブルもあるが、スネークセンターではその対処法もレクチャーしている。

スネークセンターには、多くのヘビやは虫類が展示されているが、それだけでなく、何とヘビを首に巻いて撮影することもできる。

ヘビは思いのほか冷たくて重いけれど、近くで目を見ると不思議と愛情が湧いてくる。

撮影は通常、ニシキヘビがお相手をしてくれるが、3月までニシキヘビはお休み。

その期間は、代わりにボアコンストリクターと一緒に撮影できる(1回1,000円)。

また、白いヘビ(テキサスラットスネーク又はコーンスネーク)と写真が撮れる日もある(こちらも1回1,000円)。

真っ白なヘビは小さくてちょっと神秘的な感じ。