現役人事が語る、″社会人″になる前にチェックすべき5つの超基本

写真拡大

いよいよあと2週間と少しで4月を迎えます。新卒内定者の方は、社会人になることへの期待と不安が入り乱れている心境でしょう。どんな仕事がまっているのか、どんな先輩が? どんな上司が? 同期はどんな人なんだろうと、人それぞれ思うところは違うと思います。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

中にはそんな心配などせず、とにかく卒業できた。あとはプチ卒業旅行でも行くか!と考えている方も。でもちょっと待ってください。本当に準備万端ですか? 
それで本当に4月1日を迎えられるのか、チェックリストに沿って調べてみましょう。

■1.スーツ等は就職活動の疲れがにじみ出ていませんか?

私も入社式の司会を何度も担当していますが、会場全体を見回してみると、新入社員にどう考えても就職活動中に着ていたリクルートスーツを着ている人がいます。リクルートスーツを着ること自体を問題にしているのではなく、むしろリクルートスーツを着る人の方が多いのではと思います。

問題は、その状態。1年間の就職活動でよれよれになっていたり、あるいは早期に内定が出たので、しばらく放置した結果、背中にカビが生えていても、気づいていない人もいます。できれば心機一転、新しいスーツで登場して欲しいのですが、初給料もでていないのに、なかなか新しいスーツを買うお金が惜しいところ。でしたら、せめてクリーニングには出しておいてください。

特に新入社員代表として決意表明する人は、最重要チェックポイントです。登壇する代表者が、よれよれの服装では、常識が疑われます。入社して1日で変なレッテルを貼られないようにしましょう。まあ、役員によれよれのスーツを着ている人がいて、会社側が「恥ずかしい……」と思うこともあるのですが…。

■2.通勤シミュレーションをしましたか?

できれば、3月中に一旦始業時間に確実に間に合うように、想定している通勤ルートを実際の時間で模擬通勤してみましょう。そしてできれば、帰宅の時間にも模擬通勤してみれば完璧です。

一番適していると思っていたルートが、通勤時間帯は大混雑でうんざりなルートだったり、乗ってみたら乗り換えに階段の上り下りが多発するルートであったり、同じ駅名なのに、乗り換えに一駅分歩くような駅構造であったり、これだけは、実際にやってみないとわかりません。

選考中は大抵昼間の空いている時間帯だから気づかなかった事に気づく事もあります。会社に定期券代の元になる通勤区間を一度申請すると、なかなか変更は認めてくれません。

■3.もう一度会社研究はしましたか?

おそらく、入社後に期間はまちまちですが、新入社員研修が行われることでしょう。そこでは、多くの質疑が飛び交います。これは実話ですが、会社組織を知らず(もちろん募集要項に明記)、希望部署を書けなかった新入社員がいました。大きな恥です。

そのようなことがないように、その会社が「何をしている会社なのか」「どれくらいの規模なのか」「社長の氏名は?」は当然。それ以外にも、「役員の氏名は?」「組織」、メーカーなら製品、商社なら取り扱い分野等の「業態」、「競合企業」、「業界内での位置」、大企業の場合はなかなか難しいと思いますが、できるだけ覚えて4月1日を迎えてください。

■4.服装のデザインはその会社の社風に合致していますか?

男性はスーツなので、スーツの色がパープル等でない限り問題ありませんが、特に女性で明らかに入社式で浮いている華美な服装をしている人がいます。

着物等は和服の正装ですので、問題ないのですが、私服で明らかに勘違いしていると感じる人が多人数の入社式だとかならず一人二人はでます。式が終わった後に、人事に呼び出されて、服装に注意するようにといきなりイエローカードを出されないように、入社して2ヶ月ほどはスーツ姿の方がよいでしょう。その間に先輩社員がどのようなファッションをしているのかを観察して、許されるファッションの範囲というものを見極めてください。

■5.最後の学生生活でつまづくことをしていませんか?

3月31日まで適用にならなかったことで、4月1日から適用されるものに、労働基準法等の労働者としての法令とともに、会社の就業規則等の適用対象者になります。

そこでチェックですが、ほとんどの会社では副業を禁止しています。学生ビジネスをおこなっている。ブログのアフィリエイト収入がある、家業の名目取締役になっているなどは、副業をしていることになります。4月1日から、いきなり副業禁止規定に触れてしまいます。しかし現在主流の規則は、「会社が認めた場合」は副業可としているところも多いので、人事に「入社前」に相談すべきです。

また、まずいないと思いますが、反社会的団体「暴力団、およびそれに類する組織」・「反社会的行動を主体としたチーム・連合・サークル」などに属している場合は、学校と共に卒業してください。「サラリーマン金太郎」の世界は現実にはないのだということを認識したほうがよいでしょう。入社後も籍が残っている場合、最悪、即時解雇や試用期間終了と共に解雇の対象になりかねません。

このように、調べるポイントはこれ以外にもいろいろとあります。
無事に4月1日が迎えられるように、準備は万端に万端を重ねて臨みましょう。

こちらのレポートもどうぞ!
【就活】就職活動に疲れてしまった人にささげる現役"人事"からのアドバイス(ただし激辛) [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12439 ]
【就活】SNSで不採用に!? 現役人事が明かす、面接者の"書き込み"が選考を左右した実例 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12689 ]
「ランチ」が出世を決める! "愛され部下"になる「ビジネスランチ術」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11546 ]
ちょっとムダな行動で超損してた!20代までに今すぐ捨てるべき4つの「なんとなく」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10093 ]
“ただの顔見知り”は今すぐ捨てろ!―自分にプラスな“本当の人間関係”を作る4つの方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10142 ]