『ドラゴンボールZ 神と神』3月30日(土)より公開。(C)バードスタジオ/集英社  (C)「2013ドラゴンボール」製作委員会

写真拡大

17年ぶりに『ドラゴンボール』の劇場版最新作が登場する――そんなニュースを聞いて飛び上がり、思わず舞空術に開眼してしまったファンは少なくないのではないか。3月30日(土)より公開される映画『ドラゴンボールZ 神と神』は、ストーリーやキャラクターデザインに原作者の鳥山明が参加していることからも、マンガ・アニメファンの間で大きな話題になっている。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

とはいえ、前作『ドラゴンボール 最強への道』が公開されたのは1996年で、当時10歳だった人でも、いまや27歳。子どものころに“かめはめ波”の練習をしていた世代は、すでに社会に出て働くビジネスパーソンが多いだろう。

そうなると、「ドラゴンボール史上、最強の敵役って誰だと思う?」というより、「誰を上司にしたい?」なんて話題で盛り上がることになる。時の流れを感じる話だが、実際、インターネット掲示板でも度々、議論が交わされているようだ。ということで、今回は『ドラゴンボール』に登場する“慕われる上司”たちについて考えてみたい。

■■“理想の上司NO.1”は、戦闘力53万!?

インターネット上で評判の“上司”として真っ先に挙げられるのは、100を超える惑星を支配する宇宙の帝王=フリーザ。巨大掲示板で「フリーザ様が理想の上司とされる訳」という“コピペ”があるほどだ。

いくつか例を見てみると、印象的なのは「部下相手にも敬語を使う」。

確かに、フリーザは「ザーボンさん」「ドドリアさん」と、部下にも敬語で接しており、もっと言うと敵方にも「ベジータさん」など、言葉としては丁寧に接していることがわかる。高い目標を達成する実力と、巨大な権力を持ちながらも、普段は物腰が柔らかい。確かに、上司として理想的かも。

また、ファンならではの少しマニアックな視点として、「弱い部下には武器を与える」(下級の兵士がビーム銃などを備えている)、「ダメージ回復にはメディカルマシーンと福利厚生完璧」のほか、「雑魚部下でも名前と顔をきちんと認識している」というものがある。悟空の実兄であるラディッツ(フリーザにとっては下級戦士)の名前をしっかり覚えていたエピソードが、ファンの記憶に残っているみたい。ワールドワイドな大企業の社長が、一般社員の名前や特徴までしっかり覚えている……と考えると、働くモチベーションも上がりそうだ。

■■スパルタでも、実は優しく見守ってくれる緑の人

一方で、いつもクールなピッコロ(マジュニア)にも、上司の素質アリと考えたい。

前出のラディッツが地球に襲来した際に、悟空が身を呈して動きを封じている隙に、必殺の「魔貫光殺砲」で二人を貫き、結果として地球を守ったピッコロ。父親を亡くした悟飯の師匠となり、最初こそ何もない荒野に放り出すなど、そっけない態度で厳しい課題を突きつけていたが、影から見守りつつ、本人が持つポテンシャルを最大限に引き出していった。悟飯をかばい、地球を侵略にしにきた新たなサイヤ人=ナッパの攻撃を受けて命を落としたシーンに涙したファンも多いだろう。


厳しくも優しく、本当の危機には助けてくれる。世界征服を目指した過去はどうあれ、まさに理想の上司と呼ぶにふさわしく、結果として悟飯は父と並んでピッコロを尊敬し、彼のために危険なナメック星に旅立っている。

■■レッド総帥、亀仙人、ギニュー隊長も独自のルールがあり、面白そう

ドラゴンボール初期の敵役としては、レッドリボン軍のレッド総帥も見逃せない。巨大組織を統括しながら、兵器の開発体制も整えており、心酔している部下も多かった。性格はさておき、実行力はなかなかのものだ。

また、亀仙流の師範で、悟空やクリリンに戦いのイロハを教えた亀仙人に惹かれる人も多いだろう。本当の実力をひけらかさず、おちゃらけながらも、きちんと人を導いていく。 “部下”たちは世界を何度も救っており、実績は文句ナシだ。


おふざけや情けないシーンがファンの記憶に残っているフリーザの配下、「ギニュー特戦隊」のギニュー隊長も、ベンチャー企業の社長だったら面白そうだ。宇宙のエリート(とされるメンバー)におかしなファイティングポーズさせ、組織の一体感を醸成。実際、プライドの高いエリート戦士たちも、集合すると楽しそうにしている。

Z戦士たちに隊員を倒されれば、人数が足りないと「ポーズが決まらない」と激怒するアツい面もあり、また「戦闘の順番をジャンケンで決める」などの独自のルールを採用しながら、フリーザの信用を勝ち得ているのもスゴい。

敵にも味方にも、興味深いリーダーが多数登場するドラゴンボールだが、忘れてはいけないのは、やはりわれらが孫悟空だろう。底抜けの明るさと優しさ、圧倒的な実力。抜けているところはあるけれど、自然と人が付いていきたくなるような人間的魅力を備えているのが、伝説的コミックの主人公として今も愛され続けるゆえんだ。

あらゆる人の応援を背に受け、フルパワーの「元気玉」で大きな問題を解決していく悟空。一般的な“アタマのよさ”はさておき、会社のリーダー=上司というより、国のリーダー=政治家に向いているかも?

さて、今回の劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』の公開を記念して、スカパー!の『フジテレビTWO ドラマ・アニメ』『東映チャンネル』『アニマックス』では、劇場版13作品、テレビスペシャル2作品のほか、テレビシリーズを特別編成。最新作をより楽しむため、おさらいの意味でもチェックしておきたいところだが、「自分がこの組織にいたらどうだろう」「このリーダーにはついていきたい/ついていきたくない」と考えながら過去の作品を観てみると、また新たな発見がありそうだ。ふとした会話や行動にも注目して、自分が求める理想のリーダー像を見つけてみては?

■春だ!休みだ!!アニメを見よう!!!

3、4月のスカパーでは新作劇場版の公開にあわせて、『ドラゴンボールZ』ほか、人気アニメの劇場版を多数放送。映画を見に行く前に、スカパー!で過去作を予習しよう。

ドラゴンボールZまつり 3/1(金)〜31(日)
詳細はコチラ! [http://www.skyperfectv.co.jp/ts/anime1303/]

(C)バードスタジオ/集英社  (C)「2013ドラゴンボール」製作委員会


こちらのレポートもどうぞ!
映画『ドラゴンボールZ 神と神』33歳の脚本家が語る、「まじか!」な展開と「ベジータが裏主役」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12853 ]
「ドラえもん」の登場人物から学ぶ、人生を楽しく賢く生きるコツ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12731 ]
2013年に見ておくべき映画、厳選25本!【日本映画編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11497 ]
長時間労働→低収入→人材不足の悪循環から脱却なるか?有名アニメ制作会社集結のPJ「アニメミライ」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12761 ]
原作改変、残虐描写カット…業界人が語るTVアニメ"自主規制"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12377 ]