山口銀行と北九州銀行、年2%の「退職記念」特別金利定期預金の取扱い開始

写真拡大

山口フィナンシャルグループの山口銀行と北九州銀行は15日、退職金を有利に預入れることができるという「退職記念」特別金利定期預金の取扱いを開始した。

なお、同グループのもみじ銀行では2012年7月から同商品を取扱いしている。

商品名は、「退職記念」特別金利定期預金。

利用できるのは、同行で年金受取口座(国民年金、厚生年金、各種共済年金などの同行所定の公的年金)の予約または指定をしている個人の顧客。

予約は55歳以上70歳未満の人。

利用条件は、退職金の受取日から1年以内の預入れで、申込時に「退職所得の源泉徴収票」等、退職金の入金を確認できる資料、退職金受取口座の預金通帳、および年齢を確認できる資料を提示する。

1人1回のみ利用できる。

預金の種類は、スーパー定期300または自由金利型定期預金(大口定期)。

預入金額は300万円以上(退職金の支給範囲内)。

預入れ期間は3カ月。

金利は特別金利年2.0%(税引前)で、初回満期日まで適用される。

特別金利は当初3カ月のみ適用で、満期後は自動継続し該当する預金種別の継続時の店頭表示利率が適用される。