どうしよう! 住宅ローン返済中の転職危機

写真拡大

自分から好んで転職する場合は、年収や待遇の良さなど、ある程度織り込み済みで計画性を持ってできるものですが、やむを得ず転職せざるを得ない状況に陥った場合、心配になってくるのが住宅ローンの返済です。

転職による年収ダウン、ボーナスのカット、キャリアダウン、また昇給スピードのダウンなど、住宅購入における転職にまつわる懸念は、そのままローン返済計画にも響いてしまいます。

そこで転職しなければならなくなったとき、住宅ローン返済についてはどんな手だてをとっておけばよいかをまとめてみました。

■年収ダウン・ボーナスカット時の、ローン見直しについて年収ダウンによるローン返済の見直し方法は、契約中のローン会社への相談、借り換え、繰り上げ返済、親族へ資金援助を頼むなどの方法があります。

転職後の借り換えは現状難しいこともあるため、まずは現在契約中のローン会社への相談か、繰り上げ返済で月々の返済額を減額する方法から検討してみるとよいかもしれません。

減額してくれる方法は、ローン会社や各種条件によって受けられるものが異なる場合があるようです。

例えばフラット35の場合、月々の返済金額を減額しても、上限返済期間内に返済が可能であれば、一定期間の返済金額の減額やボーナス払いのとりやめ、上限期間内の返済期間延長は受け入れてもらえやすいようです。

ただし、返済減額や据え置き期間を設けることで返済期間が上限期間を超えてしまうような場合は、返済が困難になった理由が勤務先都合によるものである他、一定の収入基準を満たすことなどの条件をクリアしている必要が出てくるようです。

■キャリアダウン、昇給スピードダウンによるローンの見直しについてキャリアダウンは年収ダウンにつながりますが、その他にも転職先で定年までの雇用を確保するのが難しくなる、安定力がない企業へ転職したことで将来リスクが高まる、借り換えをしようと思っていたのにできなくなるなど、ローン返済計画に不安定さをもたらします。

キャリアダウンでローンを見直す場合は、転職先で実績をあげて雇用が安定するまでの間、無理のない繰り上げ返済で将来のリスクを軽減していくのがよいかもしれません。

繰り上げ返済は返済期間を短くする期間短縮型と、月々の返済額を減らす返済額軽減型があります。

返済額を軽減して手元資金を増やす方がよいか、また期間短縮で将来リスクを減らす方がよいのかは、個々の事情により異なるため検討してみるとよいでしょう。

昇給スピードダウンは子供がいる場合、教育費と年収のバランスが崩れやすく、子供が大きくなったときにローン返済が厳しくなる特徴があります。

子供の成長に合わせてローンを見直す場合、返済額軽減型によって手元資金を増やす方法がよいかもしれません。