●あなたの大切なもののために

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©VisualArt's/Key/Team Little Busters!

TVアニメ「リトルバスターズ!」がTOKYOMXテレビ及びAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
直枝理樹:堀江由衣
棗 鈴:たみやすともえ
棗 恭介:緑川 光
井ノ原真人:神奈延年
宮沢謙吾:織田優成
神北小毬:やなせなつみ
三枝葉留佳、二木佳奈多:すずきけいこ
能美クドリャフカ、チェルヌシカ(クドの母):若林直美
来ヶ谷唯湖:田中涼子
西園美魚、西園美鳥:巽 悠衣子
笹瀬川佐々美:徳井青空

●ストーリー
両親を失い、絶望の淵にいた少年・直枝理樹。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは「正義の味方・リトルバスターズ」を名乗る少年達のリーダー「棗恭介」だった。
彼ら4人と過ごすお祭り騒ぎのような日々。理樹はいつの間にか心の痛みも寂しさも忘れていた。

――それから数年後。
理樹達の友情は変わらず続いていたが、進学や就職…将来のことを考えなければいけない歳になっていた。理樹は再びみんなで“今でしか出来ない何かをしたい”と願い始める。そんな彼の願いに応えるかのように、ある日突然、恭介は宣言する。
「野球チームを作る。チーム名は…リトルバスターズだ」
かけがえの無い青春の真っ只中、理樹とリトルバスターズの物語が幕を開ける!
●心配するも何も出来ず
テヴア共和国に帰ったクド。それからリトルバスターズのメンバーは毎日僅かに報道されるニュースを視聴するのが日課となりました。

テヴア共和国では未だロケット事故による火災が収まらず、これを機に反ロケット事業の勢力が暴動を起こしている状況です。

直枝理樹「クドにとってはこれが現実にある世界なんだ。」
●母の無事を確認するクドですが…
クドはテヴア共和国に到着し、祖父と対面します。そこでロケットの乗組員が爆発前に脱出したという情報が入ります。

その夜、チェルヌシカ(クドの母)の無事が確認されますが…。

クド「お母さん、きっと逃げ出した私を軽蔑してる。でも、もう逃げないって決心して戻って来たのに。」

そこでクドは危険を承知で家の外に出ますが、テロリストに捕縛されてしまいます。
●クドのお守り
クドが残していたお守り、それはロケットの部品(歯車)なのですが…。

直枝理樹「持たせてあげれば良かったのかな?」

また、クドが別れ際に言ったおまじない。それはクドが生きて帰ってこれない覚悟である事を示したもの。

いずれにしてもリトルバスターズにクドが居なければならない、彼女はいつのまにかそんな存在になっているのです。
●クド、脱出する!
テロリストに暴行を受け、監禁されているクド。そんな彼女は今までの人生を振り返ります。

クド「一人ぼっちのクドリャフカ…。」

日本ではクドの愛犬2匹を託された棗 鈴、彼女もクドが帰ってくる事を強く願います。

クド「出て行かなければ、此処から。暗い所から。」

直枝理樹がロケットの部品(歯車)を握りクドを願うと、不思議な事にその歯車がクドの手に届きます。

そしてクド自らを捕縛している鎖に歯車をぶつけると、鎖が外れ、彼女は脱出に成功します。

そして出た先に見えた空は…。
●クド、帰ってくる!
それから暫く後、リトルバスターズはいつもの通り練習をしています。そして、棗 鈴がマウンドに上がったときボールを落とします。それは、

直枝理樹「クド!」

今回の件はクドにとって忘れていた事を取り戻した、そして、それが実現出来た事はかけがえの無い思い出となったようです。

「リトルバスターズ!」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「リトルバスターズ!」第22話「クドの決断」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第21話「クドのお母さん」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第20話「笹瀬川佐々美の恋」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第19話「能美クドリャフカ、テスト勉強!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第18話「心の中の真実」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「リトルバスターズ!」TVアニメ公式Webサイト
「リトルバスターズ!」AT-X公式Webサイト