ガンズ・アンド・ローゼズが客の前歯をへし折り訴えられる 写真:NME.com

写真拡大

ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマン、アクセル・ローズが、あるファンに訴えられているようだ。

3月9日、オーストラリアのパースで開催された公演中の出来事だった。ライブセットを終えたローズがステージ上から客席へ放り投げたマイクがファンの顔面を直撃し、前歯2本を折ってしまったのである。

不運なアクシデントに見舞われたファンの名前はダレンo.ライト。彼は後に受けたインタビューの中で、「(その当時)会場はライトで眩しくて騒然としてたから何も見えなかった。そしたらいきなり口にでっかい衝撃が走ったんだよ! いきなり誰かにぶん殴られたのかと思ったくらいさ。何が起こったのか理解するまでに2〜3秒はかかったな。しかもその後(アクセルが投げた)マイクを手に入れようとしたファンが俺の足を踏んでいったんだぜ!?」と当時の状況を語っている。

ダレンいわく、失った2本の歯を完治させるには数ヶ月の治療期間と5,000ドルのコストが掛かるとのこと。彼は現在アクセルを訴えているが、そのことに関して、「彼が故意で俺にマイクをぶつけたわけじゃないってことはわかってる。でもマイクは間違いなく俺に向かって飛んできたし、コードレス・マイクってのは軽いもんじゃないんだぜ。むしろこの位の怪我で済んでびっくりしてる位だよ。誰かが歯の治療費だけでも払ってくれりゃあ、それでいいんだ」と話す。彼はコンサートに行くほどのガンズ・ファンなので、アクセルを一方的に責めているわけではなさそうだ。

それにしても少々驚きだったのが、ダレンに連絡を取ってきたプロモーター、アンドリュー ・マクマヌスの言動である。彼は謝罪するとともにアクセルのサイン入りのマイクをお詫びにプレゼントすると申し出たのというのだ。これに対し、「マイクが俺の元に来たところで前歯は戻ってこないだろう!?」とダレン。

まったくもってごもっともな意見である...。

(参照元: