ホステスプロの原は4位タイでフィニッシュ(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 最終日◇17日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 高知県にある土佐CCを舞台に開催された「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の最終日。2日目に“66”のビッグスコアをマークし単独2位につけた大会ホステスプロの原江里菜は、周囲の期待を一身に背負い最終組でスタートした。
LIVE写真館でこの大会を振り返る
 「今日は3日間で身体が一番良く動いた」と語った原。しかしパットが決まらずなかなかスコアを伸ばすことができない。7番で今日初めてのバーディを奪うが、9番ではティショットがディボット跡にはまる不運。このホールをボギーとし、スタート時のスコア後退してしまう。
 後半に入り、11番でバーディを奪った原だが、15番で再びボギー。その後スコアを伸ばすことができず、最終日は2バーディ2ボギーの“72”でホールアウト。トータルスコアをスタート時と同じ7アンダーとし、4位タイで3日間の競技を終えた。
 「15番は本当に悔しい」と1日を振り返った原。499ヤードのパー5、2オン狙いで打ったボールはバンカーの縁に止まり、3打目で再びバンカーに入れてしまうというミスを重ねた。「15番は攻め方がミスだった。当分悔しい気持ちが残りそう」と悔しさを露にした。
 しかし、悪いことばかりではない。「あの緊張感の中で身体が動いたことが収穫」とメンタル面での成長を実感。「優勝はできなかったけど、ホステスプロの責任は果たせたと思う」と安堵の表情を浮かべた。2008年「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」以来となる2勝目はならなかったが、今大会でさらなる成長を遂げた原の今後の活躍に期待したい。

【最終結果】
優勝:ジョン・ミジョン(-9)
2位:ヤング・キム(-9)
3位:森田理香子(-8)
4位T:原江里菜(-7)
4位T:菊地絵理香(-7)
4位T:穴井詩(-7)
4位T:中村香織(-7)
4位T:イ・ボミ(-7)
4位T:ウェイ・ユンジェ(-7)
4位T:ナ・ダエ(-7)
4位T:李知姫(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
人気女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
最新のゴルフギア情報&試打レポート
AKB48山内鈴蘭のナンでもやってみよう!