<ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 最終日◇17日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 高知県にある土佐CCを舞台に開催された「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の最終日。3日間ほとんど風のない好天に恵まれた今大会、優勝の行方は、全美貞とヤング・キムの韓国勢2選手によるプレーオフに持ち越され、これを制した全が今季初勝利を挙げた。
LIVE写真館でこの大会を振り返る
 トータル6アンダー3位タイからスタートした全は最終組の1つ前でプレー。前半、3番と7番2つのロングでしっかりバーディを奪い、フロントナイン終了時点でリ・エスドと並び首位タイに浮上。後半に入って13番でボギーとするも、14番15番と連続バーディ。スコアを10アンダーまで伸ばし、この時点で単独首位に立つ。しかし16番をボギーとし、その後スコアを伸ばせずトータル9アンダーでホールアウト。同じくトータル9アンダーでホールアウトしたヤング・キムとプレーオフでの決着となった。
 18番ホールを使用して行われたプレーオフは、全、ヤング・キムともにパーオンに成功。しかし、ヤング・キムが下りのファーストパットをオーバーして3パットしたの対し、全はしっかりOKの距離に寄せパーをセーブ、今季初勝利をシーズン2戦目にして掴み取った。
 会見場に現れた全は開口一番「ラッキーでした」と安堵の表情。昨季賞金女王に輝いた重圧もあるが、毎年シーズン序盤は漠然とした不安に襲われるという。「今シーズンはどうなるのかという不安がありましたが、良い答えが出た気がします。ほっとする優勝でした」とキャリアの中で最も早い時期に挙げた勝利の喜びを噛みしめた。
 今回の勝利でキャリアの勝利数を22に増やした全、常々目標に掲げる“永久シード”まであと8勝となった。「今年何勝という具体的な目標ありませんが、兄が私が永久シードを取ったらタバコを止めると言ってるんです。家族のためにもタバコを早く止めてもらいたいのでできるだけ早く取りたいですね」と“永久シード”を目指す意外な理由を明かした。

【最終結果】
優勝:ジョン・ミジョン(-9)
2位:ヤング・キム(-9)
3位:森田理香子(-8)
4位T:原江里菜(-7)
4位T:菊地絵理香(-7)
4位T:穴井詩(-7)
4位T:中村香織(-7)
4位T:イ・ボミ(-7)
4位T:ウェイ・ユンジェ(-7)
4位T:ナ・ダエ(-7)
4位T:李知姫(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
人気女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
最新のゴルフギア情報&試打レポート
AKB48山内鈴蘭のナンでもやってみよう!