暇乞いするときの「I must go.」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【暇乞いするときのアブナイ英語】I must go.【こんな風に聞こえるかも】何がなんでも絶対に帰る。

【ネイティブが使う英語】I should get going.そろそろ帰らなければ……というとき、I must go.「行かなければならない」ではちょっとつっけんどんな感じがします。

特に、他人の家などにお呼ばれしている場合などは、I should get going.「そろそろ行かなきゃならないんですよね」がソフトで、ホストにも失礼にならないでしょう。