ダイエットが原因でクセ毛になる!?


近頃急に髪質が変わったようで、ヘアスタイルが決まらない。



思い当たることといえば、ハードなダイエットを始めたこと?でも、ダイエットが理由でクセ毛になったりするのでしょうか。



クセ毛が強くなる原因としては、カラーリングの繰り返しによるダメージや、加齢などによる頭皮のたるみ、あるいはホルモンバランスの変化などが考えられます。



あるいは、毛根に何らかのトラブルが発生している可能性もあるでしょう。



でも、最近になって増えているのが、栄養不足によるもの。



髪をつくる毛母細胞は、体のなかでもとりわけ細胞分裂が活発で、たくさんの栄養を必要とするところ。栄養不足になるとたちまち髪質に影響を及ぼします。



そもそも髪の毛の約90%は、十数種類ものアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質でできています。ケラチンの分子同士が固く結びつくことにより、髪の強度や弾力性をキープできるのです。

そのため、食事できちんとタンパク質を補わないと髪の原料が不足するばかりか、太くてハリのある髪の毛には育ちにくくなります。



もちろん、タンパク質だけでは不十分。タンパク質を体内で利用するには、ビタミンやミネラルが不可欠となります。



髪の毛の健康は、体の健康ともリンクしていて、髪の毛を検査すれば、不足しているミネラルや有害なミネラルの有無まで一目瞭然(りょうぜん)とのこと。



美しい髪をつくるための食事内容で、気をつける主なポイントは以下のとおり。



●植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランスよく食べること。



植物性タンパク質は、大豆製品や玄米、トウモロコシどに。動物性タンパク質は、肉や魚、卵から摂取できます。



●食事で摂(と)ったタンパク質を髪の原料に利用するには、ビタミンB群が不可欠です。

特に、ビタミンB6は必須。イワシやマグロ、サバなどに多く含まれているので、積極的に摂りましょう。



●頭皮の健康維持や血行促進のためには、抗酸化作用のあるビタミンA、C、EとEPAが欠かせません。

ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンCはさまざまな野菜や果物に、ビタミンEは玄米やナッツ類に、EPAは青魚に多く含まれているので、毎日バリエーション豊かに摂りましょう。



●摂(と)った栄養を体内で再利用したり、髪質を高めるにはミネラルも絶対に必要です。

ワカメや昆布などの海産物はミネラルの宝庫。しっかり摂(と)るようにしましょう。



それから、血行も大切です。血行が悪ければ、毛根に栄養が運ばれなくなり、結果的に栄養不足につながります。



入浴して体を温めたり、頭皮を優しくマッサージするなどして血行促進にも配慮しましょう。



(ビューティ&ダイエット編集部)