「NEX-3N」(パワーズームレンズキット)

写真拡大

ソニーは2013年3月8日、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α」シリーズから「NEX-3N」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は「パワーズームレンズキット」が6万円前後、「ダブルズームレンズキット」が8万5000円前後。

ボディー側にズームレバーも

従来機「NEX-F3」から約45グラム軽量化し、約210グラムのボディーを実現した。新デザインのグリップの採用により、「自分撮り」の際にカメラを逆向きに握っても、しっかりとホールドして撮影が行える。また、「α」シリーズで初めてボディー側にズームレバーを搭載。光学ズームから電子ズームまで、片手で操作できる。ポップアップ式のフラッシュ付き。

APS-Cサイズの大型イメージセンサーにより、ぼけ味やきめ細やかな階調表現を可能とした。画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を備え、「エリア分割ノイズリダクション」にも対応する。

「オートフレーミング」機能では、撮影した写真からカメラが自動的に構図を判断してトリミングを行い、バランスのとれた写真に仕上げる。

ボディーカラーは、ホワイト、ピンク、ブラックの3種類。サイズは、約幅109.9×高さ62×奥行き34.6ミリ。