日本マクドナルド創業者 藤田田(PANA=写真)

写真拡大

ビジネスマンに必要なユーモアとは何だろう。商談中に爆笑をしてもらう必要はないが、相手との距離を縮めたり、よい空気をつくりたい。心をくすぐる程よいスパイス加減とは。各界の先達たちの言葉からそのあり様を探った。

「経営の神様」松下幸之助についても、人を食った逸話がある。私が教えてもらったのは日本マクドナルドの創業者、藤田田からだ。彼自身もまた言動がユーモラスというか、度を超えているというか、とにかく物議を醸す人だった。マクドナルドを経営していながら、「ハンバーガーより、うどんが好物」とはっきり言ったり、40歳を超えてから、金儲けと運動を兼ねて、日曜日だけ新聞配達したり……。まあ、変わった人だった。

日本マクドナルドを創業する前、彼は商社を経営していた。ブランド商品やゴルフクラブの輸入販売で利益を上げ、東大卒のベンチャー社長として知られる存在だったのである。その頃のこと、藤田が松下幸之助に面会を求めたら、松下はすぐに時間をくれた。

藤田は尋ねた。「金儲けのコツは何ですか?」、松下は「ふたつだ」と答えた。

「藤田くん、ちょっと儲かってくると、業界団体に入れ、役員をやれと言ってくるやつがいる。いいか、キミ、金を儲けようと思ったら、絶対にそんなことはしちゃいかん。金儲けだけをやれ」

感心した藤田が次の心得は何だろうかと身をのりだしたところ、松下は近くに寄ってきて、耳元でささやいたという。

「藤田くん、いいか。金儲けしようと思ったら、エライ経営者の言葉は信用するな」

そう言って、笑ったという。さすがの藤田田もとっさに、どう反応していいのかわからなかった。

松下幸之助と並ぶ昭和の名経営者、本田宗一郎は過激な言動で知られていた。しかし、ユーモアというオブラートに包んでいたので、マスコミのやり玉に挙がることもなかった。

昭和37年、国鉄が三河島駅で多重事故(三河島事件)を起こしたとき、本田は「国鉄は『乗せてやるぞ』というかっこうでお客さんに対している限り、絶対に(事故は)なくならない」と言い、「国鉄は最低の企業である」と主張した。孫正義、柳井正といったベンチャー経営者に対して、「生意気だ」とか「過激すぎる」という評もあるけれど、当時、50代だった本田が天下の国鉄総裁に「最低の企業だ」と言ったことに比べれば大したことはない。

著書『俺の考え』にはこんな話も載っている。

「ある青年の集まりで私にしゃべれというので、こういう話をした。私の前に某大臣がアジアに目を向けろという講演をした。私はそれをうけて、アジアに目を向けるなという講演をしたのだ。(略)

アジアに目を向けろということは非常にけっこうだが、昔の感覚で、アジアにはかなり日本の権益が認められているのだという上に立ってものをいうと、これはえらい間違いだ」

某大臣は本田の見立てたように「アジアは日本マーケットだ」くらいの、「上から目線」の話をしたのだろう。そこに、かっときて、まったく正反対の公演をするところが熱血漢、本田宗一郎である。

(ノンフィクション作家 野地秩嘉=文 PANA、Getty Images=写真)