あなたの住んでる地方のローカル新聞、どんなのがある?



毎日新聞や朝日新聞、読売新聞など、全国紙と呼ばれる新聞以外に、各地方には「地方紙」と呼ばれるその地域だけのローカルな新聞があります。



筆者の地元の京都府には、『京都新聞』という地元なら知らぬ人はいない新聞や、『舞鶴市民新聞』といった市内限定の超ローカル新聞があります。



今回は、そういった県外の人は知らないであろう地元の新聞は何か、さまざまな地域の方に聞いてみました。



●プレス空知(北海道)

北海道の滝川市や赤平市などの一部地域で発行されている新聞です。週2回と日刊ではないですが、わりと多くのお宅で契約しているみたいでよく目にしますね。(31歳/男性/北海道在住)



●デーリー東北(青森県)

青森の八戸市とその近辺だけのローカル新聞です。八戸市ではとても有名で、ほとんどの家でこの新聞を取っているんじゃないでしょうか? サッカーの岡田監督を岡田首相と掲載して注目されたこともありました。(38歳/男性/青森県在住)



●秋田魁新報(秋田県)

秋田のローカル新聞です。「魁」の文字が入っていてカッコイイ感じがするので、個人的に好きな新聞ですね(笑)。(29歳/男性/秋田県在住)



●下野新聞(栃木県)

栃木の下野新聞社というところが発行している地方紙。1878年発行の100年以上の伝統を持つ新聞です。実家では小さいころからずっと契約しているので、なじみが深い新聞です。(34歳/男性/埼玉県在住)



●桐生タイムス(群馬県)

群馬県の桐生市を中心に発行されているローカル夕刊紙が桐生タイムスです。上京したのでもう契約していないのですが、地元の情報を見たいときにweb版をよく見ていますね。(27歳/男性/東京都在住)



●市民タイムス(長野県)

地元の安曇野市には市民タイムスというローカル新聞があります。安曇野市だけでなく、松本や塩尻など、いくつかの市町村で発行されているのですが、小さいころは安曇野だけの新聞だと思っていました。うまいのかへたなのか判断しにくい絵柄の「アルプス市民」という4コマが密かに楽しみだったりします。(30歳/女性/長野県在住)



●北國新聞(石川県)

地元・石川県には北國新聞というローカル新聞があります。石川県内ではほとんどの家庭が北國新聞を取っていますよ。ちなみにほかの県の人がよく間違えるのが読み方。「きたぐにしんぶん」ではなく「ほっこくしんぶん」ですのでお間違えなく(笑)。(29歳/女性/石川県在住)



●日刊県民福井(福井県)

福井のローカル新聞が日刊県民福井です。ローカル色バリバリの新聞名ですよね。福井ではニッカンと呼ばれているので、都会から来た人はニッカンスポーツと混同してしまうかもしれません。(27歳/男性/福井県在住)



●吉野熊野新聞(三重県)

私の地元の三重県には吉野熊野新聞という漫才コンビみたいな名前の新聞があります。ヨシクマとかヨシクマ新聞という略称で呼ばれていますよ。(30歳/男性/東京都在住)



●今日新聞(大分県)

「きょう」でも「いまにち」でもなく、「こんにちしんぶん」と読む夕刊紙です。特にこれといった特徴はないので、知らない人がよく読み方を間違えることぐらいしか特筆できないですねぇ(笑)。(28歳/男性/大分県在住)



●夕刊デイリー(宮崎県)

地元の宮崎県には夕刊デイリーという夕刊があります。スポーツ新聞のデイリースポーツと名前が似ていますが、全く関係はないそうです。「夕刊デイリー明るい社会賞」という賞があって、親戚がそれを受賞していましたね。(31歳/男性/大阪府在住)





以上、さまざまな地域の方に聞いた、地元ならではのローカル新聞たちでした。京都に生まれ、現在は東京に住んでいる筆者は、どれも初めて聞く名前の新聞ばかりでしたね。



さて、皆さんの地元にはどんな地方紙がありますか?



(貫井康徳@dcp)