首位とは2打差で最終日を迎える藤本麻子(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 2日目◇16日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 高知県にある土佐CCを舞台に開催中の「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディス」の2日目。初日6アンダー“66”をマークし単独首位でスタートした藤本麻子は、風のないやさしいコンディションでビッグスコアを出す選手が続出する中、2バーディ・2ボギーとスコアを伸ばせず6位タイに順位を落とした。
大会ホステスプロ原江里菜、会心のゴルフで単独2位浮上!
 「今日はフェアウェイからセカンドを打つことができませんでした」と話した藤本。硬く速いグリーンを誇る土佐CCでは、ラフからのショットはランが多くなりピンに寄せるのは非常に困難。ラフからグリーンを狙う場面が多かった藤本は、安全な方向に打たざるを得なかったと言う。結果として長いパットが残り、思うようにスコアを伸ばすことができなかった。
 しかしスイングの調子自体は悪くないようで、「ティショットも気持ちよく振れていたんです。ただ方向が悪かったみたいで」と話し、ミスの原因はアドレスの方向取りにあったことを明かした。
 最終日2打を追う立場となった藤本は「昨日までは自分が2打リードしていたけど、明日は挑戦者として優勝を目指したい」と語り、「今日は狙う必要のないホールで攻めてボギーにしてしまいました。その反省を生かして明日はしっかりマネジメントしてコースを攻めたいです」と明日の注意点について語った。藤本は最終日、最終組の2つ前、馬場ゆかり、ウェイ・ユンジェと同組でプレーする。
【2日目の順位】
1位:リ・エスド(-8)
2位:原江里菜(-7)
3位T:藤本麻子(-6)
3位T:全美貞(-6)
3位T:李知姫(-6)
3位T:テレサ・ルー(-6)
3位T:ウェイ・ユンジェ(-6)
3位T:ヤング・キム(-6)
13位T:森田理香子(-3)他7名
21位T:木戸愛(-2)他10名
32位T:横峯さくら(-1)他7名
<ゴルフ情報ALBA.Net>