使っていませんか? 上司に対する間違った敬語【社会人のマナー】

写真拡大

ビジネスシーンにおいて正しい敬語を使うことは、人間関係を円滑にする大切なポイントです。

それは、社外の人だけでなく、上司や先輩でも同じこと。

ふだん何げなく多用しているフレーズが、気づかないうちに印象を悪くしていることもあるかもしれません。

あなたは、ふだんこんな言葉を使ってしまってはいませんか?A.「部長、ごくろうさまでした」B.「なるほど、了解しました」C.「一段落しましたら、すぐに参ります」(答えは矢印の下です!)↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓解答C.「一段落しましたら、すぐに参ります」解説「ごくろうさまです」は、一般的に目上の者が目下の者に使う言葉。

上司に対してねぎらいの言葉やあいさつしたい場合は、「お疲れさまです」と言った方が双方の上下関係を感じさせないため適当でしょう。

また、多用しがちな「なるほど」や「了解しました」という言葉も同様で、目上の人に対して使うのは不適切です。

しかし、打ち解けた仲の上司に堅苦しい敬語を使いつづけるのもコミュニケーションを損なう原因になるので、上司との距離によって、使い分けていくことが必要かもしれませんね。