服をキャンバスに複数のアーティストが作る「EACH×OTHER」本格上陸

写真拡大

 様々なクリエイターが発信するパリ発ユニセックスブランド「EACH × OTHER(イーチ × アザー)」が、2013-14年秋冬シーズンより日本での展開を本格スタートする。これに先駆け、ブランドの主要アーティストROBERT MONTGOMERY(ロバート・モンゴメリー)が初来日。創設のきかっけとなった詩のオブジェなど、各アーティストが手がけるアート作品とともに日本初のエキシビジョンを開催した。

パリの気鋭ブランド本格上陸の画像を拡大

 ファッションデザイナーIlan Delouis(イラン・デロイス)とアートディレクターJenny Mannerheim(ジェニー・マナーハイム)が2012-13年秋冬シーズンに立ち上げた「EACH × OTHER」は、アーティストをはじめ詩人やミュージシャン、フィルムメーカーなどがファッションデザイナーとともに作るファッションブランド兼クリエイティブコミュニティ。6名以上のクリエイターが毎シーズン、キャンバスとなるワードローブアイテムに独自のアートワークを加えて各ラインを発表し一つのコレクションに仕上げる。アイテムはナチュラルな素材を使用し、すべてヨーロッパで生産。クリエイターの作品を発信するオンラインマガジンも発行している。

 海外ではコレットやセルフリッジ、米バーニーズ ニューヨークなどで展開されている「EACH × OTHER」だが、日本では2013-14年秋冬シーズンから本格上陸。主要百貨店やセレクトショップ等での販売を予定し、ポップアップイベントの開催も計画されているという。エキシビジョンに参加したROBERT MONTGOMERYは、「日本はロンドンに似ている部分もあって自分のホームにいる感じ。色々な人に作品を見てもらえたら」とコメント。ROBERT MONTGOMERYは今シーズン、「シークレット・プレイス」をテーマにシャツの襟の折り返し部分やジャケットの内側など見えない部分に自身の詩を施したアイテムを発表している。

■EACH×OTHER
 http://www.each-other.com/