あなたは間違えてない!? ビジネスに必要な謙譲語

写真拡大

社会人になりたてのときなどは、目上の人に対しての言葉遣いと、友人同士で利用する言葉遣いの使い分けがうまくできずに苦労する人も多いはず。

丁寧な言葉を選んだつもりでも、その言葉の使い方が間違っているようなことも。

そこで今回は、ビジネスに重要な敬語から、謙譲語を正しく使うためのコツをご紹介します。

■「謙譲語」ってどんな言葉?敬語には3タイプあり、いずれも対象が高位の場合に利用します。

そのうちのひとつが謙譲語で、言葉の使い方を間違えるケースとしては、別のタイプの言葉が混じってしまうことが大半です。

・尊敬語相手を尊敬して使う表現。

上司やお客さまの行動に対して使います。

・謙譲語自分を控えめに表現。

聞き手に自分の行動を伝えるときに使います。

・丁寧語気を配った丁寧な表現。

語尾に気を使い、よりふさわしい言葉を利用します。

■ビジネスシーンで多い具体例尊敬語と謙譲語を間違えやすい人が多いですが、「目上の人の行動について話す場合は尊敬語」、「自分の行動を相手に話す場合には謙譲語」と覚えるとわかりやすいでしょう。

「行く、来る」・尊敬語 おいでになる、いらっしゃる「○○さんがおいでになりました」・謙譲語 伺う、参る「○○時に伺います」「食べる、飲む」・尊敬語 召し上がる「どうぞお召し上がりください」・謙譲語 頂く「お茶を頂いてもいいですか?」「問う」・尊敬語 お問い合わせ「お問い合わせの際にはこちらにご連絡ください」・謙譲語 伺う「ひとつお伺いしたいのですが」丁寧語は語尾を「です・ます」調に統一したり、言葉の前に「お」や「ご」をつけます。

これは人が関係する会話である必要がないため、文章表現などに利用することが多いです。

■メールで間違えやすい表現・自分の会社のこと「弊社」or「当社」「弊社」は自分を控えめに表現しているため、お客さま相手に書くメールなら「弊社」。

自社内へのメールの場合は「当社」を使います。

・メール相手の敬称「様」or「御中」読む人を指定しない場合のメールは団体宛てにして「御中」。

個人を指定する場合は「様」。

個人を指定する場合に両方使うのはNGです。

誤「○○会社御中 ○○様」正「○○会社 ○○様」、役職が入る場合は「○○会社 ○○課長」など役職の後に様をつけるのは間違いですので気をつけましょう。

様をつけなくても失礼には当たりませんし、どうしても様をつけたいのであれば、「○○会社 課長 ○○様」としましょう。

■謙譲語を正しく使う人をお手本に!積極的に目上の人と会話をすることで、自然と謙譲語が身についてくるようになります。

社内でも、日ごろから正しい言葉遣いを心がけてみると良いでしょう。

また、接客業を行っている人は尊敬語や謙譲語の使い分けに慣れているため、ホテルを利用する際などは、スタッフの話し方や行動を参考にしてみるのもオススメです。