ネ・ネット新作テーマは「アニマル」2013-14年秋冬コレクション発表

写真拡大

 東京で2013-14年秋冬コレクションがスタートした。ファッションウィークの開幕に先駆け、3月15日に原宿でショーを開催したのは「Né-net(ネ・ ネット)」。「animal(アニマル)」というテーマそのままに、ウェアやアクセサリーなど全ルックに様々な動物が潜むコレクションを発表した。

ネ・ネット新作テーマは「アニマル」の画像を拡大

 17シーズン目の発表となる「Né-net」2013-14年秋冬コレクションは、デザイナー高島一精の「素直に。考えすぎずに。カワイイだけでいい」というシンプルな気分から、これまでもモチーフに使われてきた「animal」がテーマになったという。ジャカードやプリントなどオリジナル素材の多くは日本各地の産地で作られ、最後に登場した純白のファーは和歌山・高野口の工場で"出来立て"の何も加工されていない素材が使用されている。ベニヤ板やシーチングなど、素朴な素材で作られたランウェイに登場した男女のモデルは全員10代。これまでのコレクションに見られた毒が抜け、フレッシュな印象を与えた。


■Né-net 2013-14年秋冬コレクション全ルックレポート
 http://www.fashionsnap.com/collection/ne-net/2013-14aw/