本山勝寛さんYouTubeを活用した日本初のドキュメンタリー映像コンテストにも関わる。

写真拡大

「東大卒で、米国ハーバード大学教育大学院修士課程修了という私の略歴を見ると、皆さんから『英語がお得意なんでしょうね』と言われるのですが、ハーバードの大学院に入学する前の年まで、じつは英語が苦手でした」

本山勝寛さんはそう話す。『16倍速勉強法』など独学について多数の著書を持つ人。本山さんは英文法とリーディングはできたと言うが「大学の講義でも、米国人が話す生の英語は全然聞き取れませんでした。読解力は大学生レベルでも、リスニング力は長い間、赤ちゃんレベル。大学卒業後、米国に1年弱の語学留学をしたんですが、最初の3カ月間は、学校はもちろん、普段の買い物でも現地の人の英語が聞き取れませんでしたから」。

その後、彼は英語が英語のまま頭に入ってくる、「英語耳が開く」体験を経て、リスニング力が飛躍的に上達し、ハーバード大学大学院合格をつかむ。独学で苦闘した日々を振り返って彼が痛感するのは、生の英語をできるだけ多く継続して聞くことの大切さ。

「単語の意味を気にしすぎず、最初は生の英語を聞き流すことが重要。でも、一般的なリスニング教材は、どれもありきたりで、つまらない。だから挫折してしまうんです」

独学というと本に頼りたくなるが、彼のイチオシは動画サイト「YouTube」の活用。そこから自分のリスニング力にふさわしい“教材”を正しく選び、くり返し聞く勉強法だ。

「市販のCD教材と違い、YouTubeの英語チャンネルは内容が多種多様なので、自分の好きなものを選べる選択肢がすごく多い。映像もついているので、それを見ているだけでも話していることの想像がつく」

最初のうちは聞き流すだけでよくても、それだけではやはり限界があると本山さんは続ける。

「リスニング力を着実に伸ばしていくには、勉強法全体をデザインしてから取り組むのが効率的。まずは勉強時間の確保とその習慣化、視聴すべきチャンネルの適切な選択ですね」

YouTubeなら、パソコンやスマホ、iPadなどがあれば、今やいつでも、どこでも、何回でも見られる。「一番のセールスポイントは、やる気さえあれば、誰でも無料でできることなんです」と彼も強調する。TOEFLなどの試験問題形式のリスニング教材に、相当な出費をしてきた彼だからこそ、飽きずに、楽しく学べて、種類が豊富。しかも無料の“YouTube教材”のありがたみがわかるのだ。

「自分は三日坊主で終わるはずだ」と諦めムードの人に、YouTube勉強法を楽しく続けられるコツを聞いてみた。本山さん提案の「三日坊主撃退法」は3つ。

【1】「最初は聞き取れなくて当たり前」ぐらいの気持ちで続けてみる。
「できるだけ英語字幕を見ずに聞き流すことが基本。でも最初は字幕に助けてもらいながら、無理せず動画を楽しむぐらいの気持ちでいい」また、英語をいちいち和訳するクセが抜けない人は、リスニングが上達しない。聞き流すクセをつけること。

【2】最初は1回5分から、30分、1時間と延ばしながら、生の英語のリズムや速さに慣れる。
「YouTubeには1本5分前後で、内容盛りだくさんなESL(「English Second Language」の略称、英語が第二言語の人向けの英語教育)チャンネルが充実しています。それらはとても聞き取りやすいので安心です」

【3】リスニングの上達ぶりを定期的に「見える化」して勉強の意欲を保つ。
「TOEFLの試験を定期的に受けてみたり、勉強を始めて10カ月目以降なら、洋画や海外ドラマを字幕なしで見たりして、自分のリスニングの上達ぶりをまめに実感することで勉強への意欲をうまく保つこと」

3つの三日坊主撃退法を胸に、本山さん解説によるリスニング英語勉強法を読み進めていただきたい。

----------

本山勝寛
1981年生まれ。東京大学工学部卒。韓国への1年間の語学留学(韓国語能力試験で最上級6級取得)を経て、ハーバード大学教育大学院国際教育政策専攻修士課程修了。リスニングを中心とする1年足らずの独学でTOEFL(CBT)を180点から273点に急上昇させてハーバード合格を実現。現在は日本財団広報担当。YouTubeを活用した日本初のドキュメンタリー映像コンテストにも関わる。

----------

(荒川 龍=文 矢木隆一=撮影)