素材へのこだわりがある! 大工さんの建てる家に住みたい

写真拡大

大工さんの建てる家は、工場で大量生産するプレカット材を利用しないで建てるのが特徴です。

また材料に使う木を大工さん自らが加工してくれたり、天然木にこだわった家づくりを行ってくれたり、材料にこだわりを持って作ってくれる特徴もあります。

大工さんの建てる家を住宅購入する場合、その他どんな特徴があるのか確認していきたいと思います。

■素材へのこだわり、細部へのこだわりに、頑固一徹な信念がある大工さんそれぞれに、こだわりのある部分は異なりますが、「木材には1本の原木からとれる適切な部分からとったムク材しか使用しない」、「木材は低温乾燥したものしか使わない」、「接着剤を使うビニールクロスや合板フローリングは使用しない」、「とにかくどんな材料にも天然材しか使用しない」など、頑固一徹な素材へのこだわりがあるのが大工さんの家の特徴といえます。

■家を造るのは、住む人だという考えがあるとにかく住む人の生活に合わせた家づくりをしてくれるのが、大工さんの家の特徴です。

高齢者や子供がいる家なのか、どんな仕事をしているのか、どんな間取りが住みやすいか、家で不安に思っていることは何なのか、対話しながら家づくりを考えてくれるのが大工さんの家の特徴です。

一般的な建設会社なら応えてもらえないような、細かい注文にも対応してくれるのが魅力といえます。

■伝統構法の存続へ、繰り返される議論一方で、古くから伝わる伝統構法という技術が、近年失われつつある現状もあるようです。

2005年の耐震偽装事件を受けて、建築基準法の審査が厳格化され、壁量に頼らず木組みだけで家を支えたりする伝統構法が厳しい審査を求められるようになりました。

現在では、昔ながらの伝統構法の家がほとんど造られなくなり、本来の技術を継承できる大工さんも減少している背景があるようです。

現在の建築基準法は、戦後の低レベルの建築を防止するためにつくられたもので、伝統構法を規制するものではなかったのですが、現在では建築基準法がすべてにおいての基本と認識されています。

伝統構法を建築基準法でどうカバーするかについては、現在でも様々な論議がなされており、専門家の間でも意見がわかれている内容です。

大工さんの技術継承が今後どうなっていくのか、その成り行きに注目が集まっています。