第5回雑誌大賞「ブルータス」企画力でグランプリ

写真拡大

 2012年下半期の雑誌最高峰を決める「第5回雑誌大賞」が3月15日に発表され、大賞にマガジンハウス発行「BRUTUS(ブルータス」が選出された。準グランプリは、宝島社のモノ雑誌「MonoMax(モノマックス)」とマガジンハウスの「POPEYE(ポパイ)」が受賞。「POPEYE」は、リニューアル後の"シティボーイ路線"が複数の選考者から評価されている。

雑誌大賞にブルータスの画像を拡大

 2012年7月から12月に刊行された雑誌を対象に出版社や書店員へ行ったアンケートの中から最も"雑誌の力"を発揮した雑誌に選ばれた「BRUTUS」は、時流に合ったテーマや日常の何気ない一コマを一冊で特集する企画力が受賞理由。インパクトのあるカバーにも評価があり、「BRUTUS」編集長の西田善太氏は「僕らにできるのは、考えて企んで決めて差し出してというところまでなので、あとは受け手が選んでくれて、おもしろく感じてくれたら」と受賞コメントを発表している。

 マガジンハウスは準グランプリにも選出され、2012年5月に内容を刷新した「POPEYE」は「リニューアルしてから売行きがかなり上がっている」(選考者アンケートより)という。「POPEYE」編集長の木下孝浩氏は「創刊以来掲げている"シティボーイ"という存在や考え方が、今や3周くらいして、妙にカッコいい気がするのです」と話し、高評価を得た"シティボーイ路線"を今後も続けるという。同じく準グランプリを受賞した「MonoMax」は、付録の工夫や「モノ」がテーマのバラエティに富んだ特集が支持を得た。

 「雑誌大賞」は、雑誌や業界全体のブームアップを目指すことを目的に2011年3月に第1回の受賞雑誌を発表。過去には、「おしゃれプロデューサーズ」の略称「おしゃP」を打ち出した光文社「JJ」(第1回TREND MAKE MAGAZINE賞)や宝島社「GLOW(グロー)」(第1回雑誌新人賞)、荒木飛呂彦氏による書き下ろし表紙が話題を誘った「SPUR(シュプール)」(第3回大賞)などが受賞している。なお、特別賞はNHK出版「NHKテレビテキスト 100分de名著」と講談社「COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)」が選出された。