三重県で、天照大御神の神宮に相撲を奉納する「神宮奉納大相撲」開催

写真拡大

三重県伊勢神宮近くの神宮会館内「神宮相撲場」で第58回となる「神宮奉納大相撲」が開催される。

開催日時は3月31日(日)、7:00に開場。

神宮奉納大相撲は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭る神宮に、国技・大相撲を奉納するために行われる。

呼び物が神宮神苑で行われる「手数入り(でずいり)奉納」は11:00から。

神宮の神職を先導に呼び出し、行司、色鮮やかな化粧回しをつけた露払い、横綱、太刀持と大関以下の三役力士が五十鈴川にかかる宇治橋を渡っていく光景を見ることができる。

宇治橋を渡った後、横綱の「手数入り(土俵入り)」と三役力士による「揃い踏み」を奉納。

そのほか、開場の7:00より、若手力士らの稽古相撲の後、本場所では見られない三重県相撲連盟所属の小学生と力士とのちびっこ稽古相撲、幕下以下力士の取組、初切や相撲甚句、櫓太鼓(やぐらだいこ)の披露、十両、幕内力士による取組を午前中に実施する。

更に13:00からは幕内力士によるトーナメント戦「伊勢神宮奉納選士権大会」を開催。

本場所さながらの取組が行われ、会場を盛り上げるとのこと。

入場料は全自由席で前売り券は大人3,500円、当日券3,800円、中高生1,000円、小学生500円となる。

なお、駐車場はない。

詳細は神宮会館ホームページを確認のこと。