福島県磐梯神社で少女たちが舞う「巫女舞」などが開催

写真拡大

福島県 指定重要無形民俗文化財として指定されている磐梯(ばんだい)神社の「舟引き祭り」と「巫女舞」が3月20日、福島県磐梯町の同神社境内で行われる。

会場となるのは、慧日寺の奥の院として祀(まつ)られた磐梯明神が安座される磐梯神社。

磐梯山を神格化したものといわれている。

万葉集に会津嶺の里と歌われ、古くから神聖な山として会津を代表する山のひとつである。

「舟引き祭り」は慧日寺の伝統行事で、明治に入って磐梯神社に受け継がれた。

飯舟(いいふね)と呼ばれる木舟に米俵を3俵重ね、舟の両端に2本の綱をつけ、氏子が東西に分かれ引き合う。

3回勝負で、東が勝てば「豊作」、西が勝てば「米の値段が上がる」という、その年の作柄を占う神事だ。

判定は、磐梯明神が直接姿を現し行うという。

また、「巫女舞」は、「舟引きの日」に少女たちによって厳かに舞われる舞で、「榊(さかき)の舞」「弓の舞」「太刀の舞」があり、通常は4人1組で行われ、古式の舞が奉納される。

祭りは正午からはじまり、「巫女舞」が12時15分から、「磐梯明神太鼓」演奏が13時30分から、「舟引き祭り祭り」が14時からそれぞれ行われる予定。

また、当日は町そば打ち愛好会による”そば”が限定300食振る舞われるとのこと。