「西日」と聞いて、頭に浮かぶのはどんなイメージでしょう。

おそらく多くの人は、ジリジリいつまでも照りつける暑い日差しをイメージし、夏の季節を思い浮かべるかもしれません。

夏の西日はきつく、また日射角度が低いため、庇ではなかなか日差しを遮るのが難しく、窓から差し込む紫外線で室内の畳・フローリング・家具などに日焼けによる色あせがおこります。

また、一日照りつけられた壁は熱を持ち、室内から手を当てるとその熱を感じられるほどです。

さらにコンクリートの壁の場合は蓄熱性があり、なかなかその熱が冷めません。

ではその西日を防ぐ方法はどのようなものがあるのでしょうか?■「西日」をうまく乗りきる方法は・本格派、サッシをペアガラス・エコガラスなどで遮熱性能を上げる遮熱性能の高いサッシにすると、窓から入る日差しを遮断することができるため、エアコンの利用中には冷房効率を上げることができます。

ただし、サッシの交換は工事が必要になり、費用も高くつきます。

・DIY感覚、ガラスに遮熱フィルムを貼る遮熱フィルムは、製品によって性能・価格・施工方法に違いはありますが、手軽で安価にできる方法です。

もちろん業者に頼めばきれいに仕上がりますが、費用は高くなります。

・一番お手軽、遮熱カーテンに取り替えるカーテンの付け替えはもっとも気軽にできる方法です。

最近は、遮光カーテンの種類も多くなってきました。

ただ、遮熱効果が上がると、カーテンの素材感はそこなわれてしまうもの。

カーテンにこだわりたい方は、悩むところですね。

・素晴らしき先人の知恵、すだれ・よしずを活用するすだれやよしずも、安価で手軽な方法です。

窓から入り込む前に日差しを遮ることで、室内にこもる熱を軽減します。

また、窓を開けることで風を通し、体感温度をぐっとさげることができます。

コスト面からくるお得感も手伝い、意外にも一番効果を感じられる方法かもしれません。

ただし、強い日差しを受け、雨風にさらされるため、耐久性には劣ります。

オフシーズンの保管状態にもよりますが2、3年での買い替えが必要になります。

・エコならこれ、グリーンカーテンで一石二鳥最近流行のグリーンカーテン。

つる性の植物を窓際にはやして、目でみて楽しみ、また収穫して楽しむこともできます。

人気はゴーヤや朝顔。

我が家も昨年夏ゴーヤのグリーンカーテンに挑戦してみたところ、ぐんぐん元気に育ってくれて、ひと夏を涼しくしてくれました。

すでにお気付きかと思いますが、西日が敬遠されるのは「夏」だけです。

日本の四季には「夏」の他に、「春」「秋」「冬」があります。

「夏」のやっかい者も、季節が変わればなかなかの優れ者になります。

「春」「秋」「冬」の肌寒い日は、室内に西日が差し込めば暖房をつける必要がなく、部屋の中も暖かくなります。

もし室内の温度が上がりすぎたら、窓を開けてすぐに室内の温度調整ができます。

■さりげなくあなたの生活を彩る西日……例えば、あなたの休日を想像してみて下さい。

「久しぶりのお休みに朝寝坊、ゆっくり朝食をとって、遅めのお洗濯。

日が照り始めた西側のベランダに洗濯物を干し、夕方にはお茶を飲みながら、ゆっくり暮れていく夕景をぼんやり眺めながら物思いにふける……」どうでしょう、なかなかいい感じの光景ではないですか? 夏にはやっかいな西日も、見方をちょっと変えればいい所が見えてくるかもしれません。

人間とのつき合い方も同じですね。

(文・田中みどり)識者プロフィール田中みどりStep planningステッププランニング 二級建築士事務所 代表。

二級建築士/福祉住環境コーディネーター2級。

住宅設計・住宅リフォームのプランニング・外構デザインがメイン。

女性ならではの優しい視点で、あなたの住まいをコーディネートのお手伝い。