尾田栄一郎氏が急病のため『ONE PIECE』休載へ、再開は3月25号発売号から

写真拡大

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で現在連載中の人気漫画『ONE PIECE』が、3月18日発売号で休載することが明らかとなった。

同誌の公式サイト上で発表されている。

集英社側は公式サイト上で「作者急病のため、ONE PIECEが休載となってしまいました。

楽しみにしていただいている読者の皆様、大変申し訳ございません」と、休載の理由が作者・尾田栄一郎氏の急病であることを説明。

また、印刷の工程上、修正が間に合わず、同号のハガキと目次には『ONE PIECE』のタイトルが記載されており、合わせて謝罪している。

再開は、3月25日発売号になるという。

今回の休載について、ツイッターなどのSNSでは「心配だなこれは」「大丈夫なんだろうか」「とりあえず静養して欲しい」など、尾田氏を心配する声が上がっている。

『ONE PIECE』は、今夏で連載16年目に突入するが、尾田氏は以前に「朝5時に起きて夜中の2時まで仕事をしている」と発言し、大きな話題となった。

これまでには、2010年8月の「第1部」が終了から、10月の「第2部」開始までの4週間休載したことがある。