妻への記念日のプレゼント、「義務」「ご機嫌取り」の意見が多く……

写真拡大

結婚記念日や誕生日、結婚してからも夫婦で記念日にプレゼントする習慣はあるのだろうか。

マイナビニュース会員のうち、既婚男性200名に聞いてみた。

■プレゼントをする派の意見・「相手の喜ぶ顔が見たいし、特別な日には何か贈りたいものかと」(26歳男性/その他/事務系専門職)・「日頃の主婦業のねぎらいを込めて」(40歳男性/自動車関連/技術職)・「贈りたいという気持ちが自然と湧いてくる」(48歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)・「大好きだから」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)■え、そうだったの……?!・「ご機嫌取り」(26歳男性/食品・飲料/技術職)・「義務」(36歳男性/医療・福祉/事務系専門職)・「一応した方が丸くおさまるので」(52歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)・「強要されるから」(39歳男性/通信/営業職)■あげない派の理由・「財布が同じ」(41歳男性/建設・土木/営業職)・「欲しがらないから」(37歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)・「あげるものがないから」(37歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)・「照れくさい」(55歳男性/医療・福祉/専門職)■ちょっと寂しい気も……・「最近は、記念日を一緒に過ごすことが少ないから」(55歳男性/電機/技術職)・「新婚当時はしてたが、だんだんおっくうになった」(50歳男性/電機/技術職)・「そんな気持ちがなくなった」(50歳男性/機械・精密機器/技術職)・「もう面倒になった……」(43歳男性/自動車関連/技術職)■こだわらずにいつでもプレゼント・「記念日は一緒においしいものを食べて祝うだけ、ボーナスでお互い好きなものを少し買うので」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)・「プレゼントはしたいときにするから」(32歳男性/情報・IT/技術職)・「プレゼントという形ではなく、一緒に買い物に行ってほしいものを探してその場で買う」(30歳男性/電機/技術職)■策略家!!・「あげたときの有り難みを覚えさせるため、あえて制限している」(25歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)■総評妻にプレゼントをあげている男性は60%以上。

ただ、どういう気持ちで贈っているのか、今回のアンケートでは真っ二つに分かれた。

「大好きだから」「喜ぶ顔が見たい」「主婦業へのねぎらい」など自発的な気持ちから、という意見と、「義務」「仕方なく」「あげないと怒る」など、渋々感がにじみ出ている意見。

プレゼントが男性側主導なのか、女性側主導なのか、その家庭の様子が見えるようだ。

同様の女性編アンケートでも、「プレゼントが欲しいから夫にもあげる」という女性がかなり多かった。

こういったプレゼント交換の習慣は、女性の物欲に負う部分も大きいのかもしれない。

プレゼントを「あげない」派の意見としては、「欲しがらない」という意見が多かった。

また、「記念日を一緒に過ごせなくなった」「気持ちがない」「面倒」など、ちょっと寂しい意見も。

反対に、「記念日にこだわらず、好きなものを買う」「いつでも好きなときにプレゼントしている」という羨ましい声もあった。

確かに、何もない普通の日にプレゼントをもらったりしたら、女性にとっては、何よりもうれしいサプライズだろう。

(文・アリウープ 中嶋絵里) 調査時期: 2012年12月28日〜2012年1月12日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性200名調査方法: インターネットログイン式アンケート