パッティングのフィーリングが合って単独首位スタートを決めた藤本(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ 初日◇15日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 15日(金)、高知県にある土佐CCを舞台に「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」が開幕した。アップダウンの激しいコースロケーション、硬く速いグリーンなどツアーでも屈指の難易度を誇る今大会を、初日単独首位でスタートしたのは藤本麻子だった。
撮れたて!トーナメントLIVE写真館で初日の模様をチェック!
 OUTスタートの藤本は2番のパー3で下りの8メートルを沈めてバーディ。続く3番パー5でグリーン周りのミスでボギーとしてしまうが、今日の藤本はパットが絶好調。5番のショートで下りの10メートル、6番、9番では4メートルのバーディパットを沈め前半を3アンダーで折り返す。
 後半に入っても藤本の勢いは止まらず、12番で再び4メートルのバーディトライを沈めると、13番では145ヤードのセカンドショットを7アイアンで1メートルに寄せ楽々バーディ。さらに16番でも4メートルを沈め、初日は7バーディ1ボギーの6アンダー“66”をマーク。2位以下に2打差をつけ最高のスタートを切った。
 藤本は好調のパットについて「4、5メートルのパットが描いたライン通りに転がってくれた」と読みも冴えていたことを話した。土佐CCの硬く早いグリーンは、プロと言えどもショートアイアンでなければ容易にはピンのそばに止めることは難しい。結果として長く複雑なパットが残ることが多いが、藤本は練習ラウンドから様々なパターンのロングパットを重点的に練習してきたと言う。「今日は難しいロングパットもパーでしのぐことができた。パターに救われた部分は大きい」と語った。
 単独首位発進という結果とは裏腹に「スコアは良かったけど、もう少し伸ばせた。大満足とは言えない」と藤本の中ではまだまだ納得できない部分も多いようだが、「明日への課題を見つけたし、明日はもっといいプレーができそう」と語る藤本の目は自信に満ちていた。未勝利に終わった昨年は春先にいいゴルフができず勢いに乗れなかった。今年は高知で最高の結果を残し、勢いをつけることができるか注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>