テザリングとモバイルルータどっちが実用的? 結果「まだまだテザリング一本に絞るのは難しい」

写真拡大

docomoもauもSoftbankでもできる、便利な「テザリング」。スマホさえあればタブレットでもノートパソコンでもネットに接続できてとってもステキ。

ですが、とあるWiMAXのモバイルルータを使っている男性は「まだまだテザリングだけにするのはムリ! 絶対テザリングしまくってたら速度制限がかかるし、速度も不安定になる!」と断言していました。

ということで、本当にテザリングだけに絞るのはムリがあるのか、近くのカフェでテザリングとWiMAXを使用して確かめてみることにしました。結果は……。

・通信速度
速度をテストするサイトで確認したところ、テザリング(LTE)は5.611Mbps。WiMAXは6.557Mbpsと、約1Mbps程度の差。数値で見るとやや違うぐらいで、大差は無いように思えました。

・安定感
しかし、WiMAXの接続は安定しているのにテザリングのほうはちょっとスピードが安定しない…サイトを開いているとたまに接続が切れているのか電波を探しているのか、まったくページが数秒開かないということがあります。

LTEの電波がつながらない場合3Gの電波を探すので、もしかするとそれが原因で接続が不安定になるのかもしれません。

・バッテリーの持ち
これはモバイルルータが圧倒的でした。ほぼ新品でアプリをインストールせず、電話もしないテザリングに比べ、WiMAXは倍の電池の持ち具合。テザリングでも一応4時間電池は持ちましたが、まだ1日中外で使用できるほどではないようです。以下が電池の持ちの比較になります。

<テザリング>
1時間後 72%
2時間後 54%
2時間半 47%
3時間後 30%
3時間半 15%
4時間後 0%

<WiMAX>
1時間後 90%
2時間後 79%
2時間半 73%
3時間後 67%
3時間半 61%
4時間後 49%

・通信量
4時間外で仕事をしていると、きっと人それぞれですが今回は1GB以上通信していました。テザリングだとどのキャリアでも7GBで速度制限がかかってしまいますので、これはかなり厳しい。モバイルルータでもWiMAXのみ制限が無いのでいいですね。

ということで、実験結果は「まだまだネットをテザリング一本にするのは実用的ではない」ということでした。最近はモバイルルータもものすごく小さくなっていて、バッグに入れておいてもまったく邪魔にならないサイズ。スマホの契約を2GB制限の安いプランにして、浮いたお金でWiMAXを使いネットを一本化するのが、賢い使い方なのかもしれません。


画像をもっと見る