母国ではどういう犬種が人気? 日本在住の外国人に聞いてみた!

写真拡大

ペットとして最も多く飼われている犬ですが、その犬種は実に様々。

近所で見かける犬のお散歩風景だけでもいろんなワンコがいます。

現在日本では小型犬が人気ですが、外国ではどうなのでしょう? 母国ではどんな犬種が人気なのか、日本に住む20人の外国人に聞いてみました!■普通の野良の犬が多い(ポーランド/女性/20代後半)■野良犬(ギリシャ/男性/30代前半)雑種ということでしょうかね。

日本でもたくさん飼われています。

血統書付きばかりが犬ではありません。

雑種・ミックスの犬たちも、飼い主さんと仲良く暮らしています。

■人の好みによりますが、ゴールデンレトリバーが一般的だと思います(アメリカ/男性/20代後半)■ラブラドールレトリバー(デンマーク/女性/50代前半)“ゴールデン”も“ラブラドール”も、レトリバーはやはり人気ですね。

温和・社交的・従順という飼いやすい性質と、力強く精強な風貌で、分かり合える相棒として最適です。

ラブラドールは盲導犬としても活躍していますよね。

アメリカの2012年人気の犬種1位は22年連続(!)でラブラドールレトリバー。

2位ジャーマンシェパード、3位ゴールデンレトリバー。

■2009年の数字ですが、1位アイリッシュセッター、2位ジャーマンシェパード、3位ラブラドールレトリバー(イギリス/男性/40代前半)1位のアイリッシュセーターは、優雅な外見と狩猟犬らしいスピードとスタミナを持ち合わせた犬。

きれいなマホガニーレッドの被毛は、イギリスの風景にベストマッチですね!■ジャーマン・シェパード。

基本的に人を守れる犬が飼われています(ロシア/女性/20代前半)犬に何を求めるのか?ということも、犬種選びに大きく関わってきます。

ジャーマンシェパードの性質は、防衛能力、番犬適性は共に5点満点ですが、知らない人への友好度は2点。

素直で落ち着きがある一方、主人が望むなら攻撃も辞さない勇敢さもあります。

家庭では優秀な番犬、そして警察犬として有名なのも納得ですね!■ダックスフンド(ドイツ/男性/40代前半)これまでの回答では大型犬の名前が多く上がっていましたが、ドイツでは小柄なダックスフンドが人気です。

ドイツ原産の狩猟犬で、小さいながらも番犬適性は満点です!■若者は大きくて攻撃的な犬で、年配の方は小さい犬です(イタリア/男性/30代前半)■大型犬が好きな人が多いですが、小さい犬の方がかわいさもあるし、世話も楽とのことで小型犬を買う人も多いです。

ヨークシャーテリアは多いです(フランス/女性/20代後半)犬と一緒に暮らす際には、世話がしやすいかどうかというのも大事なポイントです。

大きな犬の散歩をすることや、十分な運動をさせることは思いのほか大変。

年齢や性別によっても、人気の犬種は変わってきそうですね。

ほかには下記のような犬が人気があるようです。

■ティーカッププードル(中国/女性/20代後半)■ビーグル犬のような(マリ/男性/30代前半)■ブルドック、チワワなど(ラオス/女性/20代後半)■ジンド犬。

柴犬と似てるけど大きい(韓国/女性/30後半)■スペインの犬はガルゴ。

昔、狩りの手伝いをしていた。

でも今は人気ではない。

今はパグです(スペイン/男性/30代前半)ジンド犬は韓国原産の犬、スペインのガルゴ・エスパニョールは、エジプト原産のグレーハウンドの仲間で、すらりとした体型でレースでも活躍するそうです。

日本でもかつて、大型犬のシベリアンハスキーがブームとなりましたが、現在人気の犬種は1位トイプードル、2位チワワ、3位ミニチュアダックス。

小型のかわいらしい犬が人気です。

ルックスや性質に加え、住宅環境の面でも、小型犬は日本人の生活に合っているのかもしれませんね。