日銀人事案、参議院も同意--新総裁に黒田東彦氏、副総裁に岩田氏・中曽氏

写真拡大

参議院は、15日午前に行われた本会議において、次の日本銀行(以下、日銀)総裁にアジア開発銀行総裁の黒田東彦(はるひこ)氏を任命する人事案を賛成多数で可決した。

黒田氏の人事案については、投票総数220のうち、賛成186、反対34で可決した。

併せて、学習院大学の岩田規久男教授と日銀の中曽宏理事の2人を次期日銀副総裁とする人事案についても採決を実施し、賛成多数で可決した。

岩田氏の人事案については、投票総数220のうち、賛成124、反対96で可決した。

中曽氏の人事案については、投票総数221のうち、賛成199、反対22で可決した。

これらの人事案について衆議院は14日に同意しており、参議院での可決をもって3氏は正式に承認された。