キャロル エコ「ECO-X」

写真拡大

マツダは2013年3月12日、軽自動車「キャロル エコ」を一部改良し、発売した。メーカー希望小売価格は、91万500円〜114万2000円。

「20キロ」軽量化

減速エネルギー回生技術「エネチャージ」や、ブレーキを踏んで13キロ毎時以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」などを取り入れた。

2WD(二輪駆動)車の車両重量は、20キロの軽量化を実現。リアバンパーの形状を変えて空気抵抗を低減したほか、エンジンとCVT(無段変速機)の高効率化など既存技術の改善を行った。

これにより燃費は、2WD車で33.0キロ毎リットル(JC08モード)と従来比で約10%改善し、新設定の4WD車では30.4キロ毎リットルを達成している。