古谷徹「アイオリアのように光牙達と関わっていきたい」『聖闘士星矢Ω』新章突入会見に緑川光、水島裕も集結!

写真拡大

2012年4月より、23年ぶりの新シリーズとして放送され、今年4月から新章「新生聖衣(ニュークロス)編」に突入するTVアニメ『聖闘士星矢Ω』の記者会見が14日、都内で行われ、声優の緑川光、古谷徹、水島裕と長峯達也シリーズディレクターが登場し、新章に向けた意気込みを語った。

TVアニメ『聖闘士星矢Ω』は、1986年〜89年に放送された車田正美原作のTVアニメ『聖闘士星矢』の完全新作として昨年4月より放送がスタート。

前作の次世代を担うの聖闘士(セイント)が聖衣(クロス)と呼ばれる戦闘衣を纏い、女神アテナを守り戦う戦士たちの姿が描かれる。

4月から始まる新章では、女神アテナと敵対する女神パラス、彼女に付き従う戦士・パラサイトたちとの戦いが繰り広げられる。

主人公・光牙たちがまとう「聖衣」のデザインをリニューアルされ、「聖衣箱」(クロスボックス)に収められそれぞれの星座をモチーフとしたオブジェ形態の聖衣となり、原作漫画を彷彿とさせる設定に一新。

古谷演じる星矢は、初代『聖闘士星矢』の主人公であり「天馬座(ペガサス)の青銅聖闘士」として活躍したが、『聖闘士星矢Ω』では「射手座の黄金聖闘士」として登場を果たしている。

古谷とオリジナル版の『聖闘士星矢』で共演した旧友・水島は、新章で鋼鉄聖闘士(スチールセイント)で12歳の少年・昴(すばる)として出演。

シリーズディレクターの長峯は映画『ONE PIECE FILM Z』などで知られる実力派で、「新生聖衣編」から監督を担当する。

まず、一年間続いた『聖闘士星矢Ω』が新章を迎えるにあたって緑川は「今一年間通してやらせてもらえるアニメはあまりなくて、自分が普段やらない役柄を演じさせていただいたので、刺激的な一年でした。

それが二年目もとは夢にも思いませんでした。

前のめりに参加したくなるようなとても楽しみな物語なので、自分でもよりいい芝居ができればと思います」と語れば、古谷も「僕にとってはライフワークとも言える作品なので、新しいTVシリーズが2年目に突入して感慨深い。

星矢は光牙たちを見守る立場でしたが、新章では射手座の黄金聖闘士として戦う予定なので楽しみにしています」と前線で活躍することを強調した。

新章から参加の水島は、初代『聖闘士星矢』で白銀聖闘士(シルバーセイント)の蜥蜴星座(リザド)のミスティ、アニメオリジナルの神闘士(ゴッドウォーリアー)でゼータ星ミザールのシド、アルコルのバドを演じている。

約27年ぶりの出演となった水島は「『聖闘士星矢』に帰ってきました。

12歳の役を僕に振ってくれたテレビ朝日さんと東映アニメーションさんの勇気に拍手です。

収録では古谷さんが”お前は12歳だからな”と耳打ちしてくるのが邪魔なんですが、皆さんに愛される昴を演じていきたいと思います」と取材陣を笑わせていた。

新旧天馬座の聖闘士の共演について古谷は、「赤ちゃんの頃から見守ってきた光牙が一年間の戦いで成長していったので、アテナを守る聖闘士として頼もしく思う一方、新章ではどこかライバル心のようなものがあるような気もして、どうなるか楽しみにしています」と光牙に対してライバル宣言とも取れる発言。

これに対して緑川は「星矢といえばペガサス(天馬座)というイメージがあると思うんですが、そろそろ射手座の方に行って天馬座を譲って頂きたい……射手座の黄金聖闘士としてすごい技をバシバシ見せてもらいたいと思うので、ペガサスは安心して譲ってもらいたいと思います(笑)」と応酬。

人気投票に関する話題でも古谷が「前作では主人公なのに周りのキャラに上位を奪われていたが、やっと『Ω』で一位になれたので守って行きたい」と言えば、緑川も「光牙もちょっとでも上に行きたいですね」と、和やかな空気の中にも火花散る二人だった。