九州自慢のいちごを食べ尽くせ! とっておきの「いちご狩り」農園10選

写真拡大

えっ? 時期的にまだ早いのでは? そう思っている皆さん。

九州では既に「いちご狩り」が始まっているのだ。

今回は、「らいおんいちご」「とよのか」など人気ブランドいちごの生産農園を直撃! 現地からのレポートも加えて、各地のいちご農園10軒を紹介する。

最初に現地レポートするのは、福岡県筑前(ちくぜん)市の「らいおん果実園」だ。

福岡県の中央部筑前町にハウスを並べるこの農園には、「らいおんいちご」というレアな品種があるという。

都市高速を使えば福岡市の都心部からわずか40分。

田園風景のまっただ中だというのに実に便利な場所だ。

午前10時。

開園と同時に到着したが、既にカップルや家族連れが楽しそうにいちご摘みをスタートしているではないか! 「らいおん果実園」で栽培されているいちごは、「らいおんいちご」を含む計6種類。

これらを思う存分食べ比べができる。

ハウスに一歩足を踏み入れると、いちごが甘い香りを充満させている。

農園の目玉と言えば「らいおんいちご」。

この名前の由来をオーナーの飯野さんに尋ねると、「ライオンは狩りの名人でしょ。

なので、いちご狩りとつなげて園の名にしたのです。

品種は5年をかけて開発したオリジナルいちご。

園の名を冠せて『らいおん』としました」とシンプルなご回答。

狩ることも食べることも、お目にかかることすらも「らいおん果実園」でのみという超レア品種「らいおんいちご」。

このためだけに訪れても、十分な価値がある。

らいおん果実園は人の胸ほどの高さの棚でいちごを育てる、「高設栽培」という手法をとっている。

つまり、立ったままの姿勢で摘みとることができるのだ。

鈴なりの「らいおんいちご」の中から一粒を手に取り口に含むと、淡い甘みが口いっぱいに広がる。

どっしりと重い甘みではなく、ほんわり口の中に広がる上品な甘さだ。

次に「とちおとめ」も食べてみると、こちらは果肉がやや固く、甘さが口の中に広がった後に、さわやかな酸味が残る。

近年、全国的に知られるようになった福岡県産の品種「あまおう」は、果肉の硬さ、甘さともに、先の2種の中間といった感じか。

他の3種類も食べ比べてみたが、果肉がとろけていく食感と、独特な甘みがちょうどいい!●Informationらいおん果実園品種:らいおんいちご、とちおとめ、べにほっぺ、やよいひめ、あきひめ、あまおう価格:60分食べ放題 1,500円 持ち帰りは100g/200円次に筆者たちが向かったのは、食べ放題に「時間制限なし」という、佐賀県吉野ヶ里町にある「松本観光いちご農園」だ。

全国的に有名な吉野ヶ里遺跡の近くにあり、去年までは受粉に使うミツバチまで自前で飼っていたという本格的な農園なのだ。

到着すると、いちご狩りを楽しむお客さんがいる一方で、何と山を背にバーベキューをしている。

それもイノシシの肉を焼いているというではないか! というのもこの農園のオーナー松本さんは、猟の資格を持つ狩人(かりゅうど)でもある。

獲物があった日は、「わざわざこの田舎の農園まで来てくれたお客さんに感謝の気持ちを込めて」振る舞うというから、驚きである。

信じられないことに、このイノシシの肉をいただくぶんにはタダなんだとか。

さて、本題のいちご狩りは、時間制限なしの1日中食べ放題・楽しみ放題というシステム。

松本さんの農園では、「とよのか」と「アイベリー」の2種類が土耕栽培で育てられている。

更に、肥料づくりにも強いこだわりがあるんだとか。

「ほら、見てください」と、松本さんが見せてくれたいちごの赤色は深い。

食べてみると、普段はエグさを感じるほど強い「とよのか」の味も、この農園のいちごでは瑞々(みずみず)しく、落ちついた味わいなのだ。