マーク ジェイコブス日本初の回顧展 南青山で開催

写真拡大

 「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」が、日本初のアーカイブ作品展「MARC JACOBS ICONIC SHOWPIECES EXHIBITION」を4月2日よりプロジェクト・ショップ「IDOL」で開催する。会場は、空間デザイナーの谷川じゅんじがプロデュース。2005年〜2011年までに発表されたコレクションのなかから厳選したショーピースを間近で鑑賞できる特別な回顧展となる。会期は、4月14日まで。

マークジェイコブス日本初の回顧展の画像を拡大

 「MARC JACOBS ICONIC SHOWPIECES EXHIBITION」は2012年に香港で初開催され、日本に上陸。「Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)」や「六本木ヒルズ」など様々なブランドや企業に創造空間を提案してきたコミュニケーションデザインカンパニー「JTQ( ジェイ・ティー・キュー)」の代表谷川じゅんじを起用し、日本開催はオリジナルの会場構成・内容が予定されている。会場にはショーピースに加え、映画監督Sofia Coppola(ソフィア・コッポラ)やVictoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム)などを起用した過去のキャンペーンビジュアル、「MARC JACOBS」を愛用している日本人セレブリティからのメッセージを展示。広告ビジュアル同様のセットで記念撮影ができる特設フォトブースも設置される。

 「MARC JACOBS」は、スタートから今年で27年目を迎える。「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のアーティスティック・ディレクターとしても活躍している米デザイナーMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)は、2013年の「Diet Coke(ダイエット・コーク)」クリエイティブ・ディレクターに抜擢され、ショートムービーに自ら出演。また、4月には映画「Disconnect」でスクリーンデビューするなど、活動の幅を広げている。

■MARC JACOBS ICONIC SHOWPIECES EXHIBITION
日時:2013年4月2日(火)〜4月14日(日)11:00-23:00
会場:IDOL 東京都港区南青山5-11-9 B1F