いつも「いい人」で終わってしまう男性が今すぐすべきこと

写真拡大

知り合いの女性からは、口をそろえて「あの人は“いい人”よね〜」と言われている。

モテないわけではないし、女性の友達が少ないわけでもない。

ましてや、嫌われているわけでもないのに、なぜか彼女だけはどうしてもできない。

こういう男性は、至急“いい人”を脱却する必要があるでしょう。

その立場に甘えていると、いつまでたっても「都合のいい男」のままになってしまうかも。

では、どういったところに気をつければ、女性に意識してもらえる男性に変化できるのでしょうか。

■女性の話を聞きすぎないこと女性は、とにかく自分の話を相手に聞いてもらい、共感してもらいたがるものです。

自分の話を「うんうん」「それで、どうしたの」と聞いてくれるような“いい人”は、やはりそういう話し好きの女性に捕まりやすい傾向にあるでしょう。

しかし、幾らリアクションがいいからといって、つい話を聞く役目にまわりすぎてしまうと、女性の愚痴の聞き役に仕立て上げられてしまう危険性もあります。

こういう女性は、ベラベラと話した後、家に帰ってみて「そういえば、彼ってどんな人なんだっけ」「自分から話題のふれない男なんてつまんないわ」と思ってしまいがち。

ただ聞き上手になるだけでは、女性にはモテません。

自分からも意見を口にしてみたり、天気の話や仕事の話だけではなく、楽しい話題を持ちかけてみたりしてみましょう。

■実はこんな一面もあるんだと思わせるような、ギャップを作る男性も「ふだんは強気だけれど甘え上手な女性」「元気なところもあるけれど、涙もろい女性」など、ギャップのある女性にはときめきやすいという恋愛心理があります。

女性も同じです。

優しい男性を理想の人として挙げる女性も多いですが、優しい“だけ”の男性にはだんだんと興味がなくなってくるでしょう。

「いい人」だけで終わってしまうのは、優しいだけの一面しか女性に見せていないからなのです。

例えば、優しいけれど強引な一面もあり、デートでリードしてくれる、優しい男性だけど、アウトドア好きという意外な趣味があるなど、女性にアピールできそうなギャップがあるとポイントが高いです。

■「いい人としての期待を裏切れない」なんて思わず、やるときはやるいい人と言われる男性は、思いやりと気遣いにあふれた人です。

女性の嫌がることを無理やりしたりはしません。

ですが、こういうタイプの男性は他人が傷つくことと同じくらい、自分が傷つくことを恐れる傾向にあります。

なので、気になる女性がいても好意を上手に伝えられない人もいるかと思います。

そういう方は、「いい人」として女性から人気者になれるかもしれませんが、「あのとき行動を起こしていれば、あの子と付き合えていたかも」と後悔をしがちです。

もちろん、「好きだ」「愛してる」とベタベタの恋愛表現をする必要はありません。

ただ、好意をさりげなくでもいいので、伝えておく必要があるのです。

もちろん、言葉で伝えることができなくても、方法はたくさんあります。

ロマンチックなデートに連れて行ったり、ちょっとしたプレゼントを贈ったりしてアピールしてみましょう。